版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
えろえろ 松沢 呉一(著) - ポット出版
.

書店員向け情報

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文メール:
注文サイト:

在庫ステータス

品切れ・重版未定

取引情報

取引取次: ト|ニ|楽天|中|JRC|八木|子どもの文化
直接取引: あり
返品の考え方: 返品は常時承ります。了解書が必要な場合は沢辺、もしくは糸日谷了解とご記入ください。

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。
9784939015168

えろえろ

このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:ポット出版
四六判
240ページ
並製
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-939015-16-8   COPY
ISBN 13
9784939015168   COPY
ISBN 10h
4-939015-16-5   COPY
ISBN 10
4939015165   COPY
出版者記号
939015   COPY
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
1998年10月
書店発売日
登録日
2020年8月27日
最終更新日
2020年8月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

1刷 出来予定日: 1998-10-01
MORE
LESS

紹介

「レイプとスポーツ」「変態国移住計画」「マンコと私」「棚マン」「ウンコとオナニーとセックス」「尻穴オナニー」「宇宙の謎」などなど、妄想ふくらむタイトルがズラリ。松沢エッセイ怒涛の32連発。

目次

●レイプとスポーツ
●宇宙の謎
●不景気時代の風俗店
●変態国移住計画
●外人モデルの性欲処理
●フロントホックと性病
●人工授精とカッコウ方式
●なにもしない客
●女王様の乳
●若い娘さんに忠告
●娼婦の数
●マンコと私
●棚マン
●朱鷺のレズビアン
●風俗嬢のストレス解消
●イクとカム
●マイブーム、足フェチ
●ウンコとオナニーとセックス
●ボッタクリで人間の幸せを考える
●夜明けの納豆
●尻穴オナニー
●強姦で妊娠しやすい理由
●アメリカ版風俗誌
●下田理論と真行寺君枝
●風俗界ランキング
●ライターはモテるのか
●ナンパハメ撮りの真実
●ソープ嬢とお友達になりたい
●パチンコ店の店員とお友達になりたい
●センズリとソロセックス
●エロモデルの思い出
●21世紀の古本屋

あとがき

前書きなど

ここ数年、私はよく「エロエロ」という言葉を使っている。実はこの言葉、戦前から使われていたものだ。
 昭和初期。モガやモボが銀座を闊歩し、エログロ・ナンセンスが時代を席巻している頃、軟派雑誌、軟派本と言われる出版物が大量に出ていて、それらを読んでいると、「エロエロ女給」「エロエロ・バー」「エロエロ・レヴュウ」といった言葉によく出くわす。中には、『エロエロ東京娘百景』のように、タイトルに「エロエロ」が入っている本まである。たぶんエログロに対してエロ一本槍をエロエロと呼んだんだろう。
 私はこういったところからこの言葉を拾っただけだが、最近では、私以外でもこれを使っているのをしばしば見るようになった。あの時代と今との共通性を指摘する人も多く、こんなところにも、それは表れているのかもしれない(私が広げただけとの説もあり)。昭和初期、出版物にエロ表現が溢れ、カフェ文化など退廃的な空気が街に溢れたのは、国家が戦時体制に向かっていく中で、国民の目を逸らすことを目的に規制を緩めたためとの説がある。おそらく事実だろう。となれば、この国の五年後、十年後を考えると暗澹たる気持ちになり、今でさえ、しばしば暗澹たる気持ちになる。なんにしたって、答えはもうじきわかる。

版元から一言

なぜスポーツが許されてポルノは許されないのか? なぜ日本女性は「イク」でアメリカ女性は「カム」なのか? なぜ強姦で妊娠しやすいのか? 日本女性が一生のうちに一回でも売春する確率は? 不景気時代に生き残る風俗店の新展開とは? 真剣に読むとバカを見る、バカにすると足元をすくわれる松沢呉一の最新エッセイ集

著者プロフィール

松沢 呉一  (マツザワ クレイチ)  (

1958年生まれ。幼少期は主に北海道を転々とする。大人になってからはいろんな仕事を転々とする。20代からライターはやっていたが、主たる仕事になったのは30代に入ってから。
一時、ライターを廃業にして、店員になろうとしたが、とてもそれでは食っていけないことを悟り、ライターに戻る。現在も中野タコシェでたまに店員をやっている。ここ3年ほどはすっかり風俗ライターで、風俗関係以外の原稿依頼は減る一方。書きすぎて、みずからボツにした原稿は溜まる一方。
現在、ポット出版のWEBサイトで「黒子の部屋」を公開している(http://www.pot.co.jp/)。

上記内容は本書刊行時のものです。