版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
日本人と中国人 汪 洋(著) - 彩流社
.

日本人と中国人 異文化交流の楽しみ

発行:彩流社
四六判
248ページ
上製
定価 1,800円+税
ISBN
978-4-88202-760-7
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月日
2002年8月
書店発売日
登録日
2014年12月18日
最終更新日
2014年12月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

中国で20年、日本で20年生活した著者しか語ることのできないユニークな日本人論、中国人論! 文革後の新世代の日本留学(九州大学)と生活。溶け込みつつも感じる“文化の違い”をユーモアを交え率直に綴る好エッセイ。

目次

集団生活で生きる知恵・面子と建前/ゲテモノ食いの刺身への挑戦/マナーを破る最たる人物は毛沢東/日本留学の中国の友人はアメリカへ/香港とマカオにいる中国人/政治色に染まらなかった春節/20歳、日本への旅立ち/高倉健とカラオケに象徴されるもの/美女たちはまだその名を知らない/異文化間の愛情表現について/小泉内閣と田中外相について/ぼくが応援するのは王監督が率いるチーム?/男の裸が起こしたカルチャーショック/ヒトラーも死ねば仏となるのか/美国〈9・11〉同時多発テロ事件/中国と日本映画について/アメリカにいる妹と一緒に故郷へ/文化大革命の影/故郷に日本人の先生がやってきた、ほか

著者プロフィール

汪 洋  (オウ ヨウ)  (

1959年、中国安徽省合肥市生まれ。文化大革命下に少年時代を送り、1978年、当時中国で評価の高かった中国科学技術大学に入学。翌年春、長春で一年間の日本語特訓後、1980年国費で九州大学に留学。1989年博士学位を取得後帰国。後に再び来日し、日本企業勤務を経て、2001年水から設立した有限会社日華を経営。1995年「大河の岸辺」で吸収芸術祭文学賞佳作受賞。現在、中国ビジネスのコンサルタント、翻訳、中国語教育を行う傍ら、メールマガジン「海の両側、思索の片隅」(http://homepage1.nifty.com/wy/)を発行し、趣味としての小説を執筆。

上記内容は本書刊行時のものです。