版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
月経と犯罪 : 女性犯罪論の真偽を問う 田中 ひかる(著) - 批評社
...

月経と犯罪 : 女性犯罪論の真偽を問う

発行:批評社
縦200mm
165ページ
価格情報なし
ISBN
9784826504386
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2006年3月
登録日
2015年12月13日
最終更新日
2015年12月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

1974年に起きた甲山事件-警察は、事件関係者の女性全員に月経日を申告させ、無実の女性を逮捕する根拠とした。それから30年。今も犯罪学のテキストには、月経と殺人、放火、万引きとのかかわりが説かれている。月経は本当に犯罪の引き金となるのだろうか?神近市子によるアナーキスト大杉栄刺傷事件、女優松井須磨子の自殺など大正時代の事例から、ロンブローゾ以来の"女性犯罪論"、最新の"医学的根拠"までを徹底検証し、"犯罪における月経要因説"の信憑性に迫る。

目次

第1章 犯罪における月経要因説と"新しい女"たち
第2章 女性犯罪論の起源
第3章 猟奇犯罪の時代
第4章 生理休暇と精神鑑定
第5章 月経要因説の精神医学的解釈
第6章 月経要因説の心理学的解釈
第7章 K.ダルトンの"犯罪におけるPMS要因説"

上記内容は本書刊行時のものです。