版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
地域開発の来歴 : 太平洋岸ベルト地帯構想の成立 藤井 信幸(著) - 日本経済評論社
...

地域開発の来歴 : 太平洋岸ベルト地帯構想の成立

縦220mm
368ページ
価格情報なし
ISBN
9784818815889
出版社在庫情報
不明
初版年月日
2004年6月
登録日
2015年12月13日
最終更新日
2015年12月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

高度成長期を中心に公共投資が地域開発に果たした役割を歴史的に跡づけ、政府の高度成長路線を積極的に支持した国民の心性にまで迫る。地域開発、そして公共投資はどうあるべきか。

目次

序章 地域開発、公共投資、心性
第1章 両大戦間の公共土木事業-道路・港湾政策を中心に
第2章 戦時期の地方工業化とその帰結-機械工業を中心に
第3章 高度成長期の経済政策体系-システム選択としての所得倍増計画
第4章 高度成長期の拠点開発政策-太平洋岸ベルト地帯構想の行方
第5章 工業整備特別地域の形成と展開-東駿河湾と周南の事例
第6章 高度成長期の高速道路建設計画

上記内容は本書刊行時のものです。