版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
「ホームレス」襲撃事件 北村 年子(著) - 太郎次郎社エディタス
.

「ホームレス」襲撃事件 “弱者いじめ”の連鎖を断つ

四六判
縦196mm 横132mm
240ページ
上製
定価 2,200円+税
ISBN
978-4-8118-0641-9
Cコード
C0036
一般 単行本 社会
出版社在庫情報
品切れ・重版未定
初版年月日
1997年10月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

大阪・戎橋で起こった”ホームレス”襲撃事件。主犯とされた元いじめられっ子で障害をもつゼロは,なぜ”ホームレス”を嫌悪し,生命を奪ったのか? 弱者が弱者を襲ういじめの連鎖。それを断ち切り,いじめ社会をのりこえていく若者たちをルポする。

目次

プロローグ◎「ホームレス殺人」事件の審理開始/金髪ゼロの指名手配写真
i ……“事件”の原風景 
 被災地・神戸の金髪少年
 道頓堀の“橋の子”たち
 「人間」の街・釜ヶ崎
  路上に生きた命
ii……“弱者いじめ”の連鎖
 “いじめ連鎖”という地獄
 奪われた自尊感情
 拘置所から届いた手紙
 いじめる側の真意
 強者からの断罪
 いのちへの手紙
エピローグ◎ゼロを支える友情/敵のなかに味方をつくる

前書きなど

上野千鶴子さん推薦
 いじめ。セクハラ。幼児虐待。私たちの関心はどうしていつも被害者に向かうのだろう。ほんとうの「闇」は、加害者の方が抱えているというのに。
 95年大阪道頓堀川「ホームレス」殺人事件を追って、「死んでしまった人」「殺してしまった奴」の双方に心を寄せながら、弱い者が弱い者を攻撃するやりきれなさを、北村さんは現場に身を投じて解きほぐそうとする。加害書の青年“ゼロ”の闇に届きたい、と願う彼女がたどりついたのは、人を選別する社会、自尊の感情を根こそぎ奪うこの社会の「闇」だ。青年“ゼロ”は、あなたの隣にもいる。「渾身の一冊」は誇大広告ではない。ルポライターにとって十年に一冊、書けるかどうかの作品。『少女宣言』の北村年子が、そのはりつめた感性で、少年・少女の生と切り結んだ比類のない記録。

著者プロフィール

北村 年子  (キタムラ トシコ)  (

北村 年子(キタムラ トシコ)
1962年、滋賀県生まれ。文芸誌、女性誌の編集者をへて、ルポ・ライターになる。
女性・子ども・性をテーマに執筆活動を行なう一方で、思春期電話相談員やラジオDJなどとしても活躍し、つねに若い世代とかかわりつづけている。また、女性問題や若い男女、親たちを対象とした講座やセミナーの講師・企画コーディネーターとしても精力的に活動している。
◎おもな著書
『少女宣言』(長征社)、『たった5つの冴えたやりかた』(シンコーミュージック)。共著に『いじめ、いま親にできること』(木馬書館)、『戸籍から「個籍」へ』(ゆじょんとブックレット)などがある。

関連リンク

セミナーのおしらせ ホームレス問題の授業づくり全国ネット主催
08年11月24日(月・休) 於 池袋
第1回ホームレス問題の授業づくりセミナー(pdf)

上記内容は本書刊行時のものです。