版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊
子どもたちへのブンガク案内 河村 義人(著) - 飯塚書店
.
【利用可】

書店員向け情報 HELP

書店注文情報

注文電話番号:
注文FAX番号:
注文サイト:

在庫ステータス

在庫僅少

取引情報

取引取次:
ト・日     書店
直接取引:あり(自社)
返品の考え方: フリー入帳

出版社への相談

店頭での販促・拡材・イベントのご相談がありましたらお気軽にご連絡ください。

子どもたちへのブンガク案内 (コドモタチヘノブンガクアンナイ) 親なら読ませたい名作たち

文芸
このエントリーをはてなブックマークに追加
発行:飯塚書店
四六判
256ページ
並製
定価 1,500円+税
ISBN
978-4-7522-6007-3   COPY
ISBN 13
9784752260073   COPY
ISBN 10h
4-7522-6007-7   COPY
ISBN 10
4752260077   COPY
出版者記号
7522   COPY
Cコード
C0095  
0:一般 0:単行本 95:日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫僅少
初版年月日
2005年6月
書店発売日
登録日
2010年2月18日
最終更新日
2015年8月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

俳句、短歌、詩、小説、随筆など幅広いジャンルの作品の中から、テーマ別にそのエッセンスを引用し、解説を加えた。文学の醍醐味を、カエルや芋の露など身近なものから説き起こし、日本人の感性が古来文学にいかに表現されてきたかを明らかにしている。一見、難しそうな文学の世界のほんとうの面白さを再発見できそうな、親だったらぜひとも子どもに教えてあげたい1冊。

目次

第一章 カエル・愉快な仲間たち-小動物をとおしてみるヒト
第二章 ミクロとマクロ-文学は望遠鏡
第三章 人生の華・ロマンス-本物よりロマンチック
第四章 悲しみの結晶-愛する者の死
第五章 闇と光のせめぎあい-微妙な色彩感覚を持つ日本人
第六章 山の怪異-放逐された神々の復権
第七章 ことばで切り撮る自然-アミニズムという「薬」
第八章 忌まわしき戦争-兵士の心の記録から、反戦詩へ
第九章 夢の不思議-夢は<たましい>の散歩道
第十章 文学と美-「文学のエッセンス」とは何か
子どもたちへの手紙-あとがきに代えて

前書きなど

古代ギリシャのデルフォイ神殿の壁には「汝(なんじ)自身を知れ」という箴言が掲げれていたらしいが、今も昔も自分自身を知ることは至難の業(わざ)である。
「これが自分だ!」と自信を持って言えないまでも、自分を構成している要素のうちで最も重要なものを指摘することは、誰にでもわりあい簡単にできるだろう。
政治家は「政治!」と叫ぶかも知れないし、経済学者は「えーと、それは経済、ですね」と眼鏡のフレームの中ほどを指で押し上げながら言うかも知れず、詩人は「詩以外の何ものでもない」と眉間に皺(しわ)を寄せてつぶやくかも知れない。スポーツ選手は「そりゃスポーツに決まってますよ」と明るく答えるだろうし、宗教家は「信仰です。信じるものは救われる」と厳かにのたまうかも知れず、難波(なにわ)の商人(あきんど)なら「銭(ぜに)や、銭!」と威勢よく答えるかも知れない。
とにかく、千差万別の答えが予想される。
その伝で行くと、著者の場合は、さしずめ文学である。文学少年から文学青年を経て、文学おじさんになっている以上、「私の本質は、文学である」と言っても過言ではなかろう。
本書は、俳句、短歌、詩、小説、随筆など幅広いジャンルの作品の中から、主題にそって適宜引用し、解説を加えたものである。文学の面白さや醍醐味(だいごみ)を、「カエル」とか「芋の露」といった身のまわりの小さな自然から説き起こしているので、中高生などの初心者にも比較的とっつきやすいと思う。文学に馴染みがある大人の読者なら、「こいつ、聞かない名前だけど、何か目新しいことでも書いてるかな。どれどれ一つ見てやるか。」というくらいの軽い気持ちで読んでいただければ、幸いである。「目新しいこと」が書いてなかったら、その方には申し訳ないが。
とにかく、読者が好きなように、どこからどう読んでいただいても構わない。本というものは、そもそもそのようなものとして存在しているのだから。
では、そろそろ文学街道の道案内を始めるとしよう。

版元から一言

自分の本質は「文学」である。と言い切る現役銀行マンの著者が、わが娘に読んで欲しい本と読み方の方法をちょっとマニアックに紹介。
まず親たちに読んで欲しい本。

著者プロフィール

河村 義人  (カワムラヨシト)  (

1962年鳥取県生まれ。早稲田大学文学部では中国文学を専攻。同人誌を発行するが、卒業後はなぜか銀行員に。ただ仕事以外ではひたすら文学を研究。子供達に日本語を教える寺子屋を開設するのが将来の目標。本書は氏の全霊を傾けた初著作。

上記内容は本書刊行時のものです。