版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

出版業界に惹かれた理系の話

実のところ私は、出版とはまるで縁遠い世界にいた。
大学を出て最初の就職先は映画の大道具。その後25歳で富士通に転職し、29歳でITベンチャーを起業した、言わば生粋の理系人間である。

SONYやSEGAのゲーム、サーキットのラップ順位計測システム、イベント会場のCG。
プログラマとして何でも作った。芸能プロダクションやクリスタル映像の仕事まで受注し、サザンの桑田夫妻やAV女優の皆さんと忘年会でご一緒したのも今では良き思い出だ。

そんなある日、出版社のシステム案件が飛び込んできた。

システム開発は、まずその仕事を理解するところから始まる。会社の中(場合によっては倉庫の中)に机を用意してもらい、一緒に伝票を切り、結束カッターを持って走り回りながら「自動化できる事と出来ない事」「省くべき無駄と残すべき作業」を何か月もかけて切り分けてゆく。(この手間を惜しむと、どんなシステムだろうが失敗する。)

有り難い事に評判は良く、出版システムを作れる会社は少ない事もあって、私のところには次々と仕事が舞い込み始める。
ベネッセ、能率協会、オーム社、IDG・・・
当然、業界の皆さんと自然に仲良くなっていった。

やがて私は、他の業種と出版業界との決定的な違いに気付く。

それは
作ってる人も
売ってる人も
買ってる人も
みんな本が好き
という、単純明快な事実だった。

日産の社員がトヨタ車を奨める事などまず無いし、
東芝の人が日立のエアコンを絶賛する事もまあ無いだろう。
だが出版人は、良い本なら版元に関係なく嬉々として買うし、他人にも奨める。

生き馬の目を抜くIT業界から見ると、それはそれは奇跡のような世界だったのである。

中でも子ども達と直接接する機会の多い児童書は、その傾向がさらに強く、
福音館の人もゾロリを買うし
ポプラ社の人もノンタンを買うし
童心社の人もぐりとぐらを買う。
それどころか、他社本の良さを司書さんと熱く語ったりしている。

そんな世界に魅了され、私は儲かっていたIT会社をあっさり畳んで
偕成社に入社した。

  * * *

出版業界が冬の時代と言われて久しい。
だが冷静に振り返ってみると、あまりに古臭い業界風習が数多く残っている。
古ければ直せば良い。
改善すべき事が残ってるなら、それは復活の可能性があるという事だ。

私が版元ドットコム加入を即断したのは、ここが出版界と外の世界を繋ぐ開かれたインターフェースになろうとしていたから。少し先の未来が見えたからである。

そういう訳で、皆さん宜しくお願いします。

偕成社の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加