版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

「ふつう」のレベルが高い「瀬戸内」

はじめまして。
瀬戸内人の須鼻美緒(すばなみお)と申します。
私たちは、もうすぐ4年目を迎える、
香川県高松市にある小さな出版社です。

季刊で発行している『せとうちスタイル』を中心に、

地域デザイン学会の学会誌『地域デザイン』をはじめ、

瀬戸内、ローカル、ブランディングなどをテーマにした本を出版しています。

私自身は10年ほど東京の出版社でデザイン書の編集や
版権のコーディネートをしていましたが、
瀬戸内人が設立されたのとほぼ同時に香川に移住しました。

はじめての地方での暮らしに慣れる間もなく、
先輩たちに連れられて『せとうちスタイル』の取材に
同行する日々がはじまりました。

穏やかな海を行き来する船で、島から島へアイランドホッピング。
瀬戸内の美しい海と島の風景に毎回感動しながら、
島に住んでいる人のあたたかさや、島を愛する人たちの熱に触れる毎日。
お土産にと、おいしい柑橘や魚介類をいただくこともしばしばありました。

瀬戸内エリアに暮らすふつうの人のライフスタイルを
ていねいに伝えていく。記録として残していく。
それが『せとうちスタイル』のコンセプトです。

何年取材を続けてきても、瀬戸内の人たちにとっての
「あたり前の風景」や「いつもの食卓」、「日常のおもてなし感覚」
といった「ふつう」のレベルの高さに慣れることはありません。

先日『ニューヨーク・タイムズ』紙が発表した
2019年に行くべき旅行先として瀬戸内の島々が選ばれました。
そして、2019年4月26日から11月4日まで、
4回目となる瀬戸内国際芸術祭が開催されます。

これまでの20年とこれから先の20年。
瀬戸内は大きく変わっていくことでしょう。
でも、瀬戸内の「ふつう」はきっと変わらないんじゃないかと思います。

変わらないもの、変わっていくものを体験しに、
2019年はぜひ一度、瀬戸内に足をお運びください。
その旅のお供には『せとうちスタイル』をどうぞ。
1/25発売の最新号、Vol.8は絶賛発売中です!

瀬戸内人の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加