版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

嫌な感じ。

書店が椅子を用意して立ち読みよりも座ってお読みくださいを始めたのは、ジュンク堂が最初でもう15年以上になるだろうか。それに追随する書店もあり、サービスの一環として定着している。ただ私はどうしても違和感を覚える。このサービスに対してもだが、座って本を読んでいる輩に対してである。

この神経は一体何なのか。昔は貸本屋があったし今は充実しているとは言えないが図書館がある。貸本屋・図書館は書籍を購入してから公開しているので文句はないだろう。だが書店の「本」は買い切りなら本屋の物だが委託なら出版社のものである。日本の場合大半が委託だろう。ならば書店も読者も勘違いしてないか。話は変わるが、以前ベストセラー作家が束になって図書館のベストセラー複本購入に対し反対しているのを目にした。私からすれば図書館は本を買っているのでいいじゃないかと思う。図書館に対し反対するのであれば、書店で座り込んで本を読む輩や書店に対しても意見があってもいいと思うが、そういった動きは見たことがない。主たる原因はジュンク堂が最大手の書店だからである。文句を言って売ってもらえなくなると死活問題、だから容認している。出版業界、書き手も作る方も売る方も長いものには巻かれろ、皆ですれば怖くないなど腰ぬけが多い。書店のポイント制・バーゲンブック・直販制など既に25年以上前、前に所属していた会社で教わったが、今花盛り。隔世の感あり。

藝華書院の本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加