版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

サバイバーになれるか?

2017年10月、1年6ヵ月ぶりに新刊を世に放ちます。
題して『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』(Create Media編)

、親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた「親への手紙」100通をまとめたものです。
  
なぜ新刊がこんなに長く出せなかったのか、長く出せなかったのになぜ出せたか――これが本稿のテーマです。

  
私が代表をつとめる(といっても現在は「ひとり出版社」)dZEROは、2013年7月に立ち上げました。当初は社員3名+アルバイト2名という陣容で、東京都文京区本郷に事務所を構えていましたが、その後、かくかくしかじか、いろいろあり、現在は社員1名+サポーター1名で、本社・事務所を千葉市に置いています(dZERO前史と創立後の歩みはこちらをご覧いただけるとうれしいです。)。
  
創業から3年は、「dZERO→取次口座貸しの出版社→取次→書店→読者」という、長い長い道のりを通過させて本を読者に届けていました。3年間で、この長い道を通過させた作品は31点に及びます。
  
創業3年を過ぎたころ、右肩上がりの返品率を見て、通過させる道を変えるしかないなあと考えました。取次ルートをやめて、書店さんとの直取引にするということです。しかしながら、当時も現在も、dZEROスタッフは編集者のみ。編集が営業を兼ねているという状況でした。そこで、駆け込んだのがトランスビューさんです。工藤代表にお会いして、かくかくしかじか、こういうわけだから、とりあえず既刊の販売を引き受けてくれないかと。その場で快諾していただきました。
  
幸い、自社の出版社記号は創立時に取得していました。長い道のりを通すには、口座貸しの出版社の出版社記号を奥付やカバーに印刷せざるを得ず、また取次に見本出しするときの伝票類には、口座貸しの出版社名を書かなければならず、「なんだかなあ、独立国なのかどうかもわからないなあ」という気分で本を送り出していました。
  
2016年10月、取次ルートでの販売契約を解消し、既刊に自社の出版社記号による新ISBNを付けて、2017年1月よりトランスビュー代行取引で書店さんへの出荷を開始。その出荷開始までには、既刊の在庫を旧倉庫→仮倉庫→トランスビュー倉庫へと大移動させたり、旧ISBNの上に新ISBNのシールを貼ったりという力仕事があっただけでなく、悩ましいことの数々が待ち受けていました。

旧ISBNの市中在庫をどうするかなあ、とか、ネット書店に新旧ふたつのISBNで本が登録されちゃてまあ大変……など、かなりのドタバタ悲喜劇が繰り返されました。
  
が、ともかくも無事に販売ルートの切り替えが完了し、こんな案内を書店さんへファックスするまでこぎつけました。
  
そしていよいよ、独立国になってからの第一弾を10月に刊行する運びとなったわけです。その新刊、『日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?』は、編著者が既存のクラウドファンディングのプラットフォームを使わず、たった一人で制作資金を集めたことで刊行が実現しました。そこにも熱いドラマがありましたが、それは別の機会に。
  
本書の寄稿者100人は、虐待を生き延びたサバイバーたちです。出版、そしてdZEROは、果たしてサバイバーになれるでしょうか?

dZEROの本の一覧

このエントリーをはてなブックマークに>追加