版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

プレトークイベント<石橋毅史『「本屋」は死なない』(新潮社刊)への想い>のご案内

本とかかわる全てのひとりひとりへ贈るメッセージ――

出版業界紙の記者でありながら、大手の企業戦略と同等以上に書店や版元で働く個々人へ、眼差しを向けつづけた石橋毅史氏。
氏のこれまでの仕事の集大成である『「本屋」は死なない』が、2011年10月末に新潮社から刊行されます。
今回のプレトークイベントでは、本書へ込めた想いを、静かにそして熱く語って頂きます。
書店員の方々にもぜひ御参加いただきたく、遅めの時刻からの開始といたしました。ご来場をこころよりお待ち申し上げます。

満席になりました
 ありがとうございました

版元ドットコムpresents
石橋毅史『「本屋」は死なない』(新潮社刊)への想い

講師:石橋毅史氏(ノンフィクション作家)
主催:版元ドットコムLLP http://www.hanmoto.com/
日時:2011年10月17日(月)20:00(開場19:30)~21:00
場所:貸会議室 内海3階 JR水道橋駅西口より徒歩1分
    http://www.kaigishitsu.co.jp/
参加費:500円(当日支払)
申込み:下記URLのフォームからお申込みください。
    http://goo.gl/DrMWN

石橋毅史『「本屋」は死なない』新潮社刊

取次搬入日:10月27日
ISBN978-4-10-331351-9/46判・272頁/本体1700円

目次より
序 章 彼女を駆り立てたものは何か?
第1章 抗う女――原田真弓が開業した「ひぐらし文庫」
第2章 論じる男――ジュンク堂書店・福嶋聡と「電子書籍元年」
第3章 読む女――イハラ・ハートショップ、井原万見子を支えるもの
第4章 外れた男――元さわや書店・伊藤清彦の隠遁
第5章 星となる男――元書店員・伊藤清彦の「これから」
第6章 与える男――定有堂書店・奈良敏行と『贈与論』
第7章 さまよう男――“顔の見えない書店”を巡る
第8章 問題の男――ちくさ正文館・古田一晴の高み
終 章 彼女が手渡そうとしているものは何か?

このエントリーをはてなブックマークに>追加