版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2018/10/20

日本編集者学会第11回セミナー「書物の黄金時代 二十世紀初頭、イギリス・フランスの出版と編集」

第一部 新しい出版のかたち ― プライヴェットプレスと木口木版の世界 草光俊雄
第二部 二人の女性編集者 ― シルヴィア・ビーチとアンドリエンヌ・モニエ 宮下志朗

 [イギリス] 出版の新しいかたち─プライヴェットプレスと木口木版の世界  草光俊雄 [東京大学名誉教授]

 二十世紀初頭のイギリス出版界での大きな特色の一つは、小さな出版社が個性あふれる本を次々に発表していたことです。例えばヴァージニア・ウルフとレナード・ウルフによって1917年に設立された<ホガース書房 The Hogarth Press>はブルームズベリ・グループの作品やエリオットの『荒地』の出版でも知られていますが、これらとは別にきわめてユニークな本作りを行うグループがありました。それは私家出版(Private Press)と呼ばれるもので、同じ美的な嗜好を持つ少数の読者に向けての出版活動でした。多くはイラストを多用し、それも前世紀末に写真の登場とともに廃れてしまった木口木版を再生させた独特の本作りをするグループでした。
 ウイリアム・モリスが始めたケルムスコット・プレスでもエドワード・バーン=ジョーンズなどの挿絵が木口木版で刷られてモリス自身が飾り文字を彫ったと言われ、この辺りで私家出版と木口木版の結びつきが実現したとも考えられますが、その後二十世紀に入ると、多くの木口木版を実践するアーティストが出現し、全盛期を迎えた私家出版の美しい本のページを飾ることになります。
 また、この時代に見られるもう一つの特徴は、新たな活字の創作とカリグラフィーの復活です。モリスも自身で創案した活字を作成しましたが、この時代もギルによるギルサンなど今日でも使用されている活字が作られ、エドワード・ジョンストンなど優れたレタリングやカリグラフの作家が登場し、本作りの黄金期が現出します。こうしたこの時代の新しい動向を紹介しながら、そこに登場する人々について出来るだけ言及できればと考えています。

 [木口木版について] 
 木口木版は、十九世紀の初めにニューカッスルの版画家トマス・ビュイックによって開発された版画の技法で、板の垂直断面を表面に主として柘植などの堅い木を材料に、通常の木版ウッドブロックと比べれば遙かに繊細な表現を可能とした技法である。木口木版は摩耗の割合も通常の木版よりは遅く、と言うことはより多くの印刷を可能にした。このことから十九世紀のイラストの多くは木口木版によって行われることになったが、そこにはもうひとつ、他のイラストの手段として用いられていた銅版画との違いを考えなければならない。つまり、木口木版の場合、活字の高さと同じ厚さの木材を利用することによって印刷はいっぺんに可能であるが、銅版画は厚さが薄いので活字の印刷と同時に行うことは出来ないという不便があった。木口木版は有名なところではディエール兄弟Dalziel Brothersの企業など多くの版画家を抱えた専門企業が栄えて、イラスト付きの新聞や、多くの挿絵入りの書物を生みだしていくことになる。しかし十九世紀後半になり、写真を印刷することが可能になると突然に木口木版は衰退してしまう。

[フランス] 二人の女性編集者─シルヴィア・ビーチとアドリエンヌ・モニエ  宮下志朗 [東京大学名誉教授]

 1920年代の初め、パリのオデオン通りに二人の女性編集者が書店・書肆を構えていました。一人は<書肆シェイクスピア Shakespeare & Company>(1919-41)の店主でアメリカ出身のシルヴィア・ビーチ、もう一人は<本の友の家 La Maison des Amis des Livres>(1915-51)という貸本屋兼書店を経営するフランス人のアドリエンヌ・モニエです。二人はこの街で出会い、友人以上の関係、いわば同性愛関係にあったとされています。そしてこの二人の女性編集者と二軒の書店・出版社の元に、当時の前衛作家たちや、旅行中・亡命中の多くの外国人作家たちが集まってきます。ヴァレリー・ラルボー、アンドレ・ジッド、ポール・ヴァレリー、アーネスト・ヘミングウェイ、ジェイムズ・ジョイス、スコット・フィッツジェラルド、ヴァルター・ベンヤミン等々、この時代の新しい文学を創造した高名な作家たちです。
 またこの時代は私家版の季刊文芸誌の全盛期で、多くのリトルマガジンが発刊され、当時の前衛的な文学作品の発表の場になりました。ジョイス『ユリシーズ』の仏訳が載った「コメルス Commerce」(1924-32)はその代表的な雑誌ですが、アドリエンヌ・モニエがこれに飽き足らずに発刊した「銀の船 Le Navire d’Argent」(1925-26)などは、短命でしたが多くの成果を残し、ヘミングウェイやズヴェーヴォやサン=テクスなどは、みんなこの雑誌のおかげで認知されることになったと言われています。
 こうした動向を、パリで撮った写真や資料なども交えて、具体的に紹介したいと思います。

会場専修大学神田キャンパス5号館 6階 561教室
開場/開演開場/開演 13:30/14:00
料金資料代:2000円(非会員) 1000円(会員) 学生無料
出演者草光俊雄 [東京大学名誉教授]
宮下志朗 [東京大学名誉教授]
お問い合わせ問い合わせ先:日本編集者学会事務局 〒102-0074 東京都千代田区九段南3-2-2森ビル5階 ㈱田畑書店 内
tel:03-6272-5718 fax:03-3261-2263 e-mail:info@tabatashoten.co.jp

http://tabatashoten.co.jp/press/
その他情報「歴史の工房―英国で学んだこと」草光俊雄 みすず書房 978-4622079859
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784622079859

「カラー版 書物史への扉」宮下志朗 岩波書店 978-4000611343
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784000611343

2018/10/21

田亀源五郎祝賀パーティ

ゲイ雑誌を中心に漫画を描いてきた田亀源五郎さんが、初めて一般誌に描いた漫画『弟の夫』(全4巻・双葉社)で、国内外さまざまな賞を受賞されました。
・第19回文化庁メディア芸術祭・マンガ部門優秀賞(2016.2.2)
・第47回日本漫画家協会賞・優秀賞(2018.5.7)
・アイズナー賞・最優秀アジア作品賞(2018.7.19)
そこで、長年に渡り田亀漫画を愛し、その仕事を尊敬してきた者たちの手で、田亀さんを祝う会を新宿二丁目で開くことにしました。
主催は、田亀漫画を連載してきた『Badi』編集部と、田亀漫画や『日本のゲイ・エロティックアート』の仕事を単行本として発行してきたポット出版が共催いたします。
田亀さんの漫画や仕事に共感してきた、すべての方々と一緒にこのさまざまな受賞をお祝いしたいと思います。
ぜひ多くの方の参加をお願いいたします。

会場九州男(東京都新宿区新宿2-17-1サンフラワービル3F)
開場/開演開場/開演 15:00/15:30
料金2,000円(前売り1,800円)
出演者田亀源五郎さん、エスムラルダさん、小川チガさん、南部恵理香さん、長谷川博史さん、伏見憲明さん、松沢呉一さん、松中権さん
お問い合わせポット出版 http://www.pot.co.jp/otoiawase/

前売り券購入先 https://eventregist.com/e/tagame

2018/10/27

キリスト教は、いかにして沼のような日本に根付こうとしたのか。

特別展「キリシタン―日本とキリスト教の469年―」特別講義 「生月島のかくれキリシタン」

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産 登録記念(國學院大學博物館)

特別展「キリシタン―日本とキリスト教の469年―」
特別講義 「生月島のかくれキリシタン」


キリスト教は日本の風土に合わせてどう変貌を遂げ、定着していったのか、その実態に迫る。


豊臣秀吉が最初の伴天連追放令を布いた1587 (天正15)年以降、徐々にキリスト教の布教に制限が加えられていった。そして、キリシタンたちは、江戸幕府の禁教令や、島原・天草一揆などが進展する中で、潜伏して信仰を守るか、棄教するかを選択せざるを得なくなっていく。本展では、海外から流入する諸文化を換骨奪胎してきた日本に、如何にしてキリスト教が根を下ろそうとしてきたのか、その歩みを辿っていく。そこでは、受け入れる立場にあった日本側の試行錯誤も見出すことができるだろう。


関連書:『かくれキリシタンの起源』『かくれキリシタンとは何か』(ともに弦書房)


[國學院大學博物館ホームページ]
http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2018_kirishitan_symposium.html#


[特別展「キリシタン―日本とキリスト教の469年―」チラシPDF]
http://museum.kokugakuin.ac.jp/files/user/2018_kirishitan.pdf

会場國學院大學 渋谷キャンパス 学術メディアセンター1階 常磐松ホール
開場/開演開場/開演 12:30/13:00
料金無料・事前申込制〈先着順〉 申し込み方法:往復はがき、またはWEB(國學院大學博物館ホームページ) [申込先]國學院大學博物館「特別展キリシタン」係 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28(國學院大學渋谷キャンパス内) TEL:03-5466-0359 [國學院大學博物館ホームページ] http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2018_kirishitan_symposium.html# https://k-form.kokugakuin.ac.jp/m?f=266
出演者中園 成生 (なかぞの しげお)
1963年、福岡県生まれ。平戸市生月町博物館・島の館学芸員。熊本大学文学部(民俗学)卒業。佐賀県呼子町在職中に捕鯨史研究に取り組み、生月町(現平戸市)転職後、かくれキリシタン信仰の調査・研究にも取り組んでいる。
主な論文・著作に、『かくれキリシタンの聖画』(共著、小学館、1999)、『生月島のかくれキリシタン』(島の館、2000)、『くじら取りの系譜』(長崎新聞社、2001)、『かくれキリシタンとは何か』(弦書房、2015)『かくれキリシタンの起源』(弦書房、2018)など。共著に『鯨取り絵物語』(弦書房、2009、第23回地方出版文化功労賞受賞)など。
お問い合わせ國學院大學博物館「特別展キリシタン」係
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28(國學院大學渋谷キャンパス内)
TEL:03-5466-0359
http://museum.kokugakuin.ac.jp/event/detail/2018_kirishitan_symposium.html#
その他情報関連書:
『かくれキリシタンの起源』978-4-86329-165-2
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784863291652

『かくれキリシタンとは何か』978-4-86329-127-0
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784863291270

2018/11/03

ライフステージで分けない、学びの機会

スウェーデンの”分けない”教育Vol.4

第4回:ライフステージで分けない、学びの機会
〜個人と社会がともに成長するリカレント教育のあり方〜
生涯学習の取り組みが進んでいるスウェーデン。乳幼児期から高齢期まで、無料で教育を受けることができ、一度就職しても学校で学び直せる「リカレント教育」という発想を生み出し、世界に先駆けて実現しています。25歳〜65歳の成人で、フォーマル/インフォーマルな教育機会を利用する人々の割合は年間7割にも達します。

今回は、生涯学習を研究される澤野由紀子氏をお招きし、スウェーデン社会に浸透するリカレント教育の現状とそこに至るまでの変遷、課題等を紹介いただきます。

日本でも2017年に有識者会議「人生100年時代構想会議」が結成され、幼児教育や高等教育の無償化やリカレント教育の充実が主要テーマとなっています。「学生時代に教育を受け、一つの企業で定年まで働き引退」というキャリアパスは徐々になりを潜め、多くの選択肢からキャリア設計できる機会が増え、学び続けることの意義は益々高まっています。一方で、社会人の学びなおしのための費用負担や多様な学習成果の評価など、検討すべき課題は山積みです。

個人が学び続けることが、社会の発展にもつながるリカレント教育とは、どのようなものなのでしょうか。人生の選択肢がより多様になるこれからの時代、個人はどのように変わっていけばよいのでしょうか。「未来へ向けた知識開発のハブ」として教育機会の充実と地域の発展を促す、スウェーデンの「キャンパス・バーベリ」の事例をヒントに、考えてみませんか?

【イベントスケジュール】
第一部:話題提供(聖心女子大学文学部教育学科教授 澤野由紀子氏)
スウェーデンでのリカレント教育を取り巻く個人と社会の現状
〜「未来へ向けた知識開発のハブ」キャンパス・バーベリの事例から〜

第二部:ミニワーク
リカレント教育が日本で浸透するための第一歩とは?
〜個人・社会双方における、あるべき姿、現状の課題、Next Stepの考察を通じて〜

*内容は、予告なく変更になる可能性があります。
*スウェーデンの家庭や職場で大事にされるコーヒーブレイクFika(フィーカ)をはさむ予定です。
*事前に書籍をお読みいただくと、より深まる内容となっています。

主催:北欧の教育・学びLilla Turen
企画:新谷舞子, Universal Research Laboratory, Nordic Inspirations
後援:スウェーデン大使館, ミツイパブリッシング
協力:スウェーデン社会研究所, スウェーデン交流センター, 慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科「ヒューマンシステムデザイン研究室(前野研究室)」

会場聖心女子大学 <3号館4階340番教室>
開場/開演開場/開演 13:10/13:30
料金3000円
出演者澤野由紀子
聖心女子大学文学部教育学科教授。文部省調整統計企画課外国調査係、国立教育政策研究所生涯学習政策研究部、ストックホルム大学国際教育研究所客員研究員、ヨンショーピン大学全国生涯学習センター(ENCELL)上評議員を歴任。共著に『海外の教育改革』(放送大学教育振興会)、『統合ヨーロッパの市民性教育』(名古屋大学出版会)他、などがある。
お問い合わせ北欧の教育・学びLilla Turen (リラ・トゥーレン) info@nordic-inspirations.com

http://lillaturen.com/event/504.html
その他情報書籍『みんなの教育-スウェーデンの「人を育てる」国家戦略』と連動したワークショップです。事前に書籍をお読みいただくと、より深まる内容となっています。
978-4-907364-08-3 C0037
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784907364083

https://mitsui-publishing.com/product/minna

2018/11/03

なぜわたしたちの「社会」はこんなにも生きづらくて、つまらないのか。 映画というフィルターを通して「世界」を眺めてみればすべての疑問は氷解するーー。

社会学者・宮台真司さん × 評論家・真鍋厚さんのトークセッション「〈社会〉という“まぼろし”をどう生きるか」

2018年5月末にスタートした、社会学者の宮台真司さん × 評論家の真鍋厚さんのトークセッション「〈社会〉という“まぼろし”をどう生きるか」。

宮台さんは『正義から享楽へ──映画は近代の幻を暴く』(blueprint、2016)、真鍋さんは『不寛容という不安』(彩流社、2017)で、映画を用いて〈社会〉の深層に迫るハードな論考を上梓されています。

前回に引き続き、今回も「〈社会〉の起源」にスポットを当て、わずか2時間で鑑賞できる映画作品という武器を駆使し、お時間の許す限りとことん語っていただきます!

ぜひ皆様、足をお運びください!

▼イベント開催後に、トーク内容を元にした対談を、彩流社サイト内「読み物」コーナーにて掲載いたします。
第2回目の開催まで、「第1回 多自然主義と存在論的転回──『シン・レッド・ライン』『女は二度決断する』」(http://www.sairyusha.co.jp/shakaitoiumaboroshi/the-thin-red-line-aus-dem-nichts.html)をお楽しみください!

会場高円寺pundit’
開場/開演開場/開演 17:30/18:00
料金前売り1,500円/当日1,800円(ともに1drink別)
出演者◉宮台 真司(社会学者、映画批評家、首都大学東京教授)
1959年宮城県仙台市生まれ。東京大学大学院博士課程修了。社会学博士。専門は社会システム論。主な著書に『14歳からの社会学』(ちくま文庫)、『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』(幻冬舎)、『絶望・断念・福音・映画』『〈世界〉はそもそもデタラメである』(以上、メディアファクトリー)、『社会という荒野を生きる。』(ベストセラーズ)など。近著に、全世界的な「正義」から「享楽」への価値のシフトが、近年のヒット映画に如実に表れていることを論じた『正義から享楽へ 映画は近代の幻を暴く』(垣内出版)がある。最新刊は、二村ヒトシとの共著『どうすれば愛しあえるの 幸せな性愛のヒント』(ベストセラーズ)、『ウンコのおじさん』(ジャパンマシニスト社)。

◉真鍋 厚(評論家、著述家)
1979年奈良県天理市生まれ。大阪芸術大学大学院修士課程修了。出版社に勤める傍ら評論活動を展開。主な著書に、 テロリストの例を評論・映画・小説・マンガを網羅しながら考察し、一律に解釈できない多様な正義を読み解いた『テロリスト・ワールド』(現代書館)、世界的な排外ムードを人類史というスパンから捉え直し、コミュニティの衰退や個人化などの現代社会の状況とともに論じた『不寛容という不安』(彩流社)がある。Webマガジン「現代ビジネス」(講談社)でコミュニティ論を連載中。「日刊SPA!」(扶桑社)で映画関連のコラムを不定期で執筆している。
お問い合わせ◉高円寺pundit’
 http://pundit.jp/shop/

東京都杉並区高円寺北3丁目8-12 フデノビル2階
JR中央線高円寺駅北中通り商店街 徒歩5分

▼JRでお越しになるお客様は、土日・祝日は「中央線快速」は停車しませんので、ご注意ください(「総武線」をご利用ください)。

【ご担当:奥野さん】
090-2588-9905
tetsuo@pundit.jp

◉ご予約等、詳細はこちらをご覧ください。
http://pundit.jp/events/3767/
その他情報◉宮台真司『正義から享楽へ──映画は近代の幻を暴く』(blueprint、2016)
ISBN978-4-7734-0502-6
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784773405026

◉真鍋厚『不寛容という不安』(彩流社、2017)
ISBN978-4-7791-2393-1
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784779123931
◉真鍋厚『テロリスト・ワールド』(現代書館、2016)
ISBN978-4-7684-5782-5
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784768457825

2018/12/01

哲学カフェは、 その場に集まった人たちが職業や年齢などに関係なく対等な立場で 、一つのテーマについて自由に対話をするワークショップです。

『ハンス・ヨナスを読む』刊行記念イベント〜哲学カフェ<あなたは生まれてこないほうがよかった??

<戸谷洋志さんよりメッセージ>
『ハンス・ヨナスを読む』の中でも大きな問いの一つが、 人間が誕生することは善である、という主張です。
近年、ヨナスとはまったく違った潮流で、デイビッド・ ベネターという哲学者が『生まれてこない方がよかった』 という本を出しています。
ちょうど、ヨナスの主張を反対にしたような思想です。
ベネターを導入で使いながら、 ヨナスの思想で「生まれてきてよかった」といえる論拠を探す、 哲学カフェを行います。

<ゲストプロフィール>
戸谷洋志
追手門学院大学 基盤教育機構 教育開発センター 特任助教
専門は哲学。著書『Jポップで考える哲学 自分を問い直すための15曲』(講談社文庫)、『ハンス・ ヨナスを読む』(堀之内出版)

イベントスケジュール
・参加者自己紹介
・哲学カフェ
・トークタイム
哲学カフェは、 その場に集まった人たちが職業や年齢などに関係なく対等な立場で 、一つのテーマについて自由に対話をするワークショップです。
準備は不要、会場に来ていただくことだけが参加の条件です。
進行役は戸谷洋志さん。
今回のテーマ<あなたは生まれてこないほうがよかった??>は、 戸谷さんの近著『ハンス・ヨナスを読む』 を手掛かりにしています。


日時:2018年12月1日(土)15:30~17:00 (開場:15:15~)
会場:双子のライオン堂 (東京都港区赤坂6-5-21)
最寄:千代田線「赤坂」徒歩4分、日比谷線「六本木」徒歩10分
参加費:事前券1500円、当日券1800円
メールでのお問い合わせは、primer(a)liondo. jp (a)→@に変更してお送りください

会場双子のライオン堂 (東京都港区赤坂6-5-21)
開場/開演開場/開演 15:15/15:30
料金参加費:事前券1500円、当日券1800円
出演者戸谷洋志
お問い合わせprimer(a)liondo. jp (a)→@に変更してお送りください
その他情報https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237347

12
青木豊・写真展「空/日本の四季
『隣る人』上映&三浦リサ(NPO法人 子育てパレット代表)トークイベント
34567
『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』(亜紀書房)刊行記念 奥野克巳 × 吉村萬壱 トークイベント
89
詩的救済をめぐって
1011
M.Gabriel at JUNKUDO マルクス・ガブリエル氏 著書サイン会
1213141516
17
小川洋利氏×寺沢大介氏 本音対談「寿司×SUSHI」
『作家ガイド アナイス・ニン』(彩流社)刊行記念トークショー 「山口路子さんと語るアナイス・ニンの魅力」
181920212223
242526272829
版元よおよろず@打ち上げ会(居本屋”双子のライオン堂”)
30