版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2019/05/21

「僕は女性に優しいつもりだったけど、ちょっと違うらしい……」

「男性のフェミニズム ――優しいだけじゃダメですか?」

女性たちが#Me Too運動で声をあげはじめる一方、男性たちのなかには、そうしたフェミニズムの流れに対する戸惑いや恐れも少なからず見受けられます。
いま、男性はどのようにフェミニズムと向き合うべきなのか。「男も女もみんなフェミニスト」となるのは、どうして難しいのでしょうか。

「男性学」の旗手として多くの著書で「男性問題」(男の生きづらさ)を研究・啓発し、女性との向き合い方についても発信されている田中俊之さん、『戦う姫、働く少女』でポップカルチャーにおける女性の戦い方/働き方の表象について分析された河野真太郎さん、『なぜオフィスでラブなのか』で仕事・恋愛・結婚が交差するオフィスラブ(職場恋愛)を考察した西口想さんのお三方に、「男性のフェミニズム」について語っていただきます。

会場本屋B&B
開場/開演開場/開演 19:30/20:00
料金■前売1,500yen + 1 drink order ■当日店頭2,000yen + 1 drink order
出演者西口想(にしぐち・そう)
文筆家、労働団体職員。1984年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、テレビ番組制作会社勤務を経て、現職。ウェブメディア「マネたま」で働くことをテーマにした映画エッセイを連載中。初の単著である『なぜオフィスでラブなのか』では各時代の小説に描かれたオフィスラブ(職場恋愛)について論じている。

田中俊之(たなか・としゆき)
1975年生まれ。博士(社会学)。武蔵大学人文学部社会学科卒業、同大学大学院博士課程単位取得退学。大正大学心理社会学部人間科学科准教授。社会学・男性学・キャリア教育論を主な研究分野とする。男性学の視点から男性の生き方の見直しをすすめる論客として、各メディアで活躍中。主な著書に『男がつらいよ』(KADOKAWA)、『中年男ルネッサンス』『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(共にイースト・プレス)、『男が働かない、いいじゃないか!』(講談社+α新書)、『不自由な男たち』(小島慶子氏との共著・祥伝社新書)等がある。

河野真太郎(こうの・しんたろう)
専修大学法学部教授。1974年山口県生まれ。関心領域はイギリスの文化と社会および新自由主義の文化。著書に『戦う姫、働く少女』(堀之内出版、2017年)、『〈田舎と都会〉の系譜学』(ミネルヴァ書房、2013年)、共著に『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』、(研究社、2013年)、訳書にトニー・ジャット『真実が揺らぐ時』(慶應義塾大学出版会、2019年)など。
お問い合わせ【TEL】03-6450-8272

http://bookandbeer.com/event/20190521/
その他情報POSSE叢書 004
『なぜオフィスでラブなのか』 http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708994

2019/05/24

村に暮らして婆さまに教わった人生のあれこれ

『片品村のカヲルさん 人生はいーからかん』刊行記念「移住と婆さま」

都会から地方に移住する人たちが増えています。でも、いなか暮らしには、都会にはないむずかしさもいろいろ。こんなはずではなかった、と思うこともあります。そんなときに頼りになるのが、村の婆さまたち。
群馬県片品村に移住して15年の瀬戸山美智子さんも、人生の大先輩である婆さまたちに助けられてきたといいます。瀬戸山さんにとって大切な婆さまのひとりが、今年92歳になる須藤カヲルさんです。
カヲルさんの口ぐせは「いーからかん」。瀬戸山さんの推薦で、季刊『うかたま』(農文協)の人生相談コーナーに回答者としてデビューしたカヲルさん。10年も続いている人気連載は、この4月に1冊の本になりました。
「いーからかん」っていったいどんな意味? 
カヲル婆さまからどんなことを教わった?
村で自分の望む暮らしを営むためにはすべきことは? 逆にしてはいけないことは? などなど、瀬戸山さんが体験をもとに語ります。
カヲルさんが人生相談に答えている様子も、動画で見られますよ!
17日~27日までは、書店内にカヲルさんの写真も展示します。

会場農文協・農業書センター
開場/開演開場/開演 18:45/19:00
料金無料
出演者瀬戸山美智子、しまざきみさこ、高木あつ子
お問い合わせヘウレーカ heureka@heureka-books.com
https://www.heureka-books.com/news/635
その他情報片品村のカヲルさん 人生はいーからかん
カヲル組(編)
発行:ヘウレーカ
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909753038

2019/05/28

菅孝行『天皇制と闘うとはどういうことか』&友常勉『夢と爆弾:サバルタンの表現と闘争』出版記念トークセッション

菅孝行×友常勉「資本主義と天皇制」

明仁から徳仁への代替わりから約1ヶ月。
日本の近現代史をひもとけば、資本主義と天皇制民主主義との密接な関わり、そしてそれに対する様々な社会運動・直接行動の系譜が浮かび上がる。
明治維新(天皇制国家)をめぐる戦前の日本資本主義論争。
敗戦後1947年の2・1ゼネスト中止と、米軍の沖縄占領を希望する裕仁の「沖縄メッセージ」。
そして明仁の「おことば」による代替わりと、2020東京オリンピック……。
後期資本主義下の日本の革命の(不)可能性をめぐり、天皇制という制度悪、日本という国家悪を「最下層」の視点から撃つ。

会場ジュンク堂書店池袋本店4Fカフェ
開場/開演開場/開演 18:30/19:00
料金1000円(1ドリンク付き)
出演者菅孝行、友常勉
お問い合わせジュンク堂書店池袋店(03-5956-6111)
https://honto.jp/store/news/detail_041000033460.html?shgcd=HB300

2019/06/15

~本をつくること以外に、出版社ができること~

連続トークイベント『小さな出版社のつづけ方』vol.3

『小さな出版社のつくり方』(猿江商會)の著者である永江朗さんと、試行錯誤を繰り返しながら「小さな出版社」をつづけているみなさんによる連続トークイベントの3回め(年6回、偶数月の第3土曜日の開催を予定)。

今回のゲストは、展覧会ビジネスと書籍の出版を掛け合わせることで新たな相乗効果を生み出しているブルーシープの草刈大介さんと、地域の活性化も広い意味での〝編集〟ととらえ、イベントやカフェなど多角的な事業を手掛けるセンジュ出版の吉満明子さんをお迎えします。

「本」の持つ潜在的な力を最大限に引き出す、あるいは「編集」という仕事のフィールドを最大限に広げていく――。そんな2社の営みを通して、出版社が「つくりたい本」を「つくりつづける」ためにできることを探っていきます。

ご参加をご希望の方は、お名前、連絡先を明記のうえ、readinwritin@gmail.comまでお願いします。

会場Readin’ Writin’ BOOK STORE 東京都台東区寿2-4-7
開場/開演開場/開演 18:30/19:00
料金1500円
出演者永江朗さん、草刈大介さん(ブルーシープ)、吉満明子さん(センジュ出版)
お問い合わせReadin’ Writin’ BOOK STORE 03-6321-7798

http://readinwritin.net/
その他情報『小さな出版社のつくり方』(永江朗) 978-4-908260-06-3
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784908260063

2019/06/21

現代政治を考える際に、ポピュリズム、民主主義、環境危機などのテーマを避けて通ることはできない

政治と現代思想:気候変動の時代の民主主義

 本講演会では、現在注目を集めるポピュリズムと民主主義についての研究者であり、ポピュリズムに関する理論的な著作であるエルネスト・ラクラウ『ポピュリズムの理性』および実践的な著作であるシャンタル・ムフ『左派ポピュリズムのために』の両方の翻訳刊行に関わった山本圭氏と、若干31歳にしてマルクス研究界最高峰の賞であるドイッチャー記念賞を受賞し、今春『大洪水の前に——マルクスと惑星の物質代謝』で日本の思想界に鮮烈にデビューした齋藤幸平氏の2人にお話をうかがう。

6月21日(金)16:30-18:00
場所: 京都大学法経本館(建物番号4) 2F 第6教室
講師: 山本圭(立命館大学)、齋藤幸平(大阪市立大学)
司会: 松本卓也(人間・環境学研究科)

※ 入場無料・参加自由の公開イベントです。
  協力: 京都大学生活協同組合

会場京都大学法経本館(建物番号4) 2F 第6教室
開場/開演開場/開演 16:00/16:30
料金無料
出演者講師: 山本圭(立命館大学)、齋藤幸平(大阪市立大学)
司会: 松本卓也(京都大学人間・環境学研究科)
お問い合わせ京都大学精神病理学・精神分析学研究室
その他情報nyx叢書 003
『大洪水の前に マルクスと惑星の物質代謝』
斎藤幸平(著/文)
発行:堀之内出版
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237408

1
LGBTの本を世界から!サウザンブックス PRIDE叢書 読書会&企画会議
23
上野の森 親子ブックフェスタ
45
67
版元ドットコム西日本:森ノ宮まちライブラリーブックフェスタ
89101112
岡本よしろう『ごはんのにおい』絵本原画展
1314151617
ナカノシマ大学5月講座「ソースダイバーの冒険」
1819
スウェーデンの”分けない”教育 Vol.1 就学前からの起業家精神教育
23人合同サイン会まつり
20212223242526
2728293031