版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

2018/08/25

明治維新150年

新視点・幕末伝:諸藩の明暗と津和野藩 明治維新150年

明治維新から150年の今年。幕末から維新という日本の大転換期。薩長と幕府のはざまで、 知られざる重要なエピソードがありました。幕末を舞台にした多数の小説を発表し、近著『幕末雄藩列伝』では激動の時代を支え、明暗をわけた藩の決断を分析した人気作家・伊東潤氏。強大な長州藩に隣接した山あいの小藩・津和野から、 森鴎外や西周など 「武」ではなく「文」で活躍し近代日本を形作る多くの人物が生まれたのかを『明治の津和野人たち』で記した郷土史家・山岡浩二氏。 津和野藩の生き残り戦略を解説しつつ、尊王攘夷の開国・近代化の時代の中で、生き残った藩、消え去った藩の明暗を分けたものは何だったのかについて語る、幕末史に新風を吹き込むおふたりの対談です。

会場朝日カルチャーセンター新宿教室
開場/開演開場/開演 12:45/13:00
料金会員 3,672円 一般 4,320円
出演者伊東 潤 (イトウ ジュン)
1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。『国を蹴った男』(講談社)で「第34回吉川英治文学新人賞」、『巨鯨の海』(光文社)で「第4回山田風太郎賞」を受賞。近刊に『幕末雄藩列伝』(角川新書)、『修羅の都』(文藝春秋)、『西郷の首』(KADOKAWA)、『悪左府の女』(文藝春秋)、『城をひとつ』(新潮社)、等。
山岡 浩二 (ヤマオカ コウジ)
1956年、津和野生まれ。同在住。法政大学卒業。津和野町観光協会副会長・津和野の自然と歴史を守る会会長・ 中国浙江大学城市学院客座教授など。津和野町役場勤務中から郷土史研究、森鷗外研究などを行なう。2011年退職後は、 上記役職のほか、講演・執筆を中心に活動。著書に『明治の津和野人たち』(堀之内出版)、『津和野藩ものがたり』(共著、 山陰中央新報社刊)などがある。
お問い合わせ朝日カルチャーセンター新宿教室
03-3344-1941(代表)
10:30~18:30(日曜・一部の祝日を除きます)

〒163-0210 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階(受付)
窓口受付時間: 9:30~19:00(土曜18:30まで)※日曜・一部の祝日を除きます
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6c13eb21-a12e-6fc8-2ed3-5ac3525b7f11
その他情報『明治の津和野人たち』幕末・維新を生き延びた小藩の物語
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237361

2018/08/25

『廃材もらって小屋でもつくるか 電力は太陽と風から』出版記念トークイベント

早い!安い!環境にやさしい!富良野の著者たちが語る大人の秘密基地づくりのノウハウ

「北の国から」のような暮らしに憧れる富良野在住の3人の著者が太陽光パネルと風車を備えた6畳・ロフト付き“廃材小屋”を設計図なしで建てた経験と小屋づくりを楽しむコツを語ります。

会場紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
開場/開演開場/開演 13:30/14:00
料金無料
出演者イマイカツミ
1975年大阪生まれ。2001年富良野市に移住。農作業ヘルパーなどをしながら風景画を描く。著書に『大人が楽しむはじめての塗り絵 北海道の旅』(いかだ社)、『イマイカツミ探訪画集シリーズ』(寿郎社)など。

川邉もへじ
1969年熊本県生まれ。大工兼木工作家。「cafe ゴリョウ」(富良野市)、「フォーチュンベーグルズ」、「ちっちゃなちっちゃなギャラリー珈琲ゆっくりYuku」(いずれも南富良野町)などのリノベーションを手がける。

家次敬介
1965年北海道中標津町生まれ。富良野高校卒。家電店勤務を経て独立し、現在は「環境にやさしい電器店有限会社三素」を経営。日夜、エコ製品の家庭への普及をめざし奔走している。
お問い合わせ主催:寿郎社(011-708-8565)

https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Sapporo-Main-Store/20180719180628.html
その他情報イベント終了後、著者のサイン会があります。

『廃材もらって小屋でもつくるか 電力は太陽と風から』
ISBN978-4-909281-11-1
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909281111

2018/08/25

さまざまなジャンルで活躍する著者が、自身の経験に裏打ちされた知見を伝える連続講座。

話題の著者に学ぶ【夏休み】“先生のための課外授業”

『話題の著者に学ぶ夏休み“先生のための課外授業”』を5つの版元が共同で開催します。

さまざまなジャンルで活躍する著者が、自身の経験に裏打ちされた知見をお伝えする連続講座。
先生はもちろんですが、教員を目指す学生さん、教育に関心のある社会人の方々もぜひご参加ください。

会場東京堂ホール(神保町・東京堂書店6F)
開場/開演開演 12:30
料金一般参加費:500円
出演者[4限目・図書館]8月25日(土)12:30-14:00/主催 トランスビュー

本を手渡すこと―学校図書館と「本屋」

講師:石橋毅史(出版ジャーナリスト)

零細出版社勤務や出版業界紙の編集長、フリーのライターとして「本」と「本屋」について取材し、文章を書いてきました。盛岡の老舗「さわや書店」の名物店長から図書館員に転身した伊藤清彦氏を中心に、これまで出会った「本屋」である人の試行錯誤を通して「本」の魅力を伝える方法を紹介します。また本のある場所の意義をいっしょに考えたいと思います。

問い合せ:株式会社トランスビュー(担当:工藤)tel 03-3664-7333/mail info@transview.co.jp



[5限目・音楽]8月25日(土)14:30-16:00/主催 スタイルノート


金賞よりも大切なこと―学校教育における“音楽科”の役割と“部活動”のあり方

講師:山﨑正彦(武蔵野音楽大学、東邦音楽大学講師)

現在の学校教育において部活動の成果を看過することはできません。部活動が問われている今、特に人気の高い吹奏楽部を例にそのあり方を見つめ直してみたいと思います。
と同時に、学校教育の中で音楽科が果たす役割とは何か。その後の長い人生に音楽科での学びはどのように生きるのか。音楽を楽しむことは誰にでもできるのに音楽科はなぜ必要なのか。音楽科の存在意義を明確にする答を探ります。

問い合せ:株式会社 スタイルノート(担当:池田)tel 042-329-9288/mail event@stylenote.co.jp





[6限目・社会]8月25日(土)16:30-18:00/主催 ころから

『明治150年』の日本で、韓国をどう教えられるか―チェ・ギュソクの『沸点』を題材に

講師:加藤直樹(フリーエディター)

映画『タクシー運転手』の大ヒット、歴史的な南北会談の実現など、これまでになく韓国の戦後史が注目を浴びています。しかし、「明治150年」が喧伝される日本では、隣国の歴史や文在寅政権が生まれる土壌など基本的な理解すらあやしいのが現実です。 『九月、東京の路上で』の著者であり、韓国民主化運動を描いた韓流コミック『沸点』の翻訳者でもある加藤直樹さんとともに、隣国をどう教えられるのか考える場にしましょう。

問い合せ:ころから株式会社(担当:木瀬)tel 03-5939-7950/mail office@korocolor.com
お問い合わせhttps://peatix.com/group/2043684/events

2018/08/25

戦争・詩・彫刻:高村光太郎の戦争詩をめぐって

『彫刻1——空白の時代、戦時の彫刻/この国の彫刻のはじまりへ』 刊行記念トークセッション

この6月、彫刻についての叢書『彫刻SCULPTURE』(トポフィル)が刊行されました。

編著者は、彫刻家でもある小田原のどかさん。

創刊となる『彫刻SCULPTURE 1』では、論考、彫刻家へのインタビュー、鼎談、そして詩が収録され、長く「空白の時代」とされていた戦中の彫刻の動向と、スカルプチャーの訳語としての彫刻のはじまりに光が当たりました。

本書に収録された8本の論考と詩では、孤立主義と軍国主義に落ちこんでいった時代と併走した彫刻の姿が、インタビューと鼎談では、大学における彫刻教育とハラスメント、美術館での作品検閲など、アクチュアルな彫刻の問題がそれぞれ検討されました。

そして本書全体を通じて、戦時の彫刻と詩の深い関わりが浮かび上がります。

そこで、このたび『彫刻SCULPTURE 1』刊行記念として、二人の若手詩人をお招きして、小田原さんとともに、戦争と彫刻と詩の関わりについて検討するイベントを開催いたします。

第二詩集『オバマ・グーグル』で小熊秀雄賞を受賞し、『彫刻SCULPTURE 1』に詩を寄稿された山田亮太さんと、エルスール財団新人賞を受賞した気鋭の詩人鈴木一平さん、そして小田原のどかさんが、彫刻と詩のクロスポイントを探りつつ、近代日本の詩と彫刻に多大な影響を及ぼした高村光太郎の戦争詩に迫ります。

どうぞ、足をお運びください。

会場神楽坂モノガタリ
開場/開演開場/開演 18:30/19:00
料金一般2000円(1ドリンク付き) 学生1000円(1ドリンク付き)要学生証
出演者山田亮太(やまだ・りょうた)
詩人。1982年北海道生まれ。主な詩集に『ジャイアントフィールド』(思潮社、2009)、『オバマ・グーグル』(思潮社、2016、第50回小熊秀雄賞受賞)。TOLTA メンバー。TOLTAでの主な作品にアンソロジー『現代詩100周年』(2015)、主な展示に「質問があります」(アーツ前橋、2017)。

鈴木一平(すずき・いっぺい)
詩人。1991年宮城県生まれ。「いぬのせなか座」「Aa」参加。詩集に『灰と家』(いぬのせなか座、2016、第35回現代詩花椿賞最終候補)。第6回エルスール財団新人賞[現代詩部門]受賞。

小田原のどか(おだわら・のどか)
彫刻家、彫刻研究。1985年宮城県生まれ。出版レーベル・トポフィル共同主宰。編著に『彫刻の問題』(トポフィル、2017)。主な展覧会に「小田原のどか個展STATUMANIA 彫像建立癖」(京都造形芸術大学ARTZONE、2017)。群馬青年ビエンナーレ2015優秀賞、第12回岡本太郎現代芸術賞。
お問い合わせ【チケットURL】
https://peatix.com/event/415464/view

【お問い合わせ先】
神楽坂モノガタリ TEL03-3266-0517
その他情報『彫刻SCULPTURE 1』

ISBN 9784909744005

2018/09/15

『廃材もらって小屋でもつくるか 電力は太陽と風から』出版記念トークイベント

早い!安い!環境にやさしい!富良野の著者たちが語る大人の秘密基地づくりのノウハウ

「北の国から」のような暮らしに憧れる富良野在住の3人の著者が太陽光パネルと風車を備えた6畳・ロフト付き“廃材小屋”を設計図なしで建てた経験と小屋づくりを楽しむコツを語ります。

会場長崎屋帯広店2Fセンタープラザ
開場/開演開場/開演 13:30/14:00
料金無料
出演者イマイカツミ
1975年大阪生まれ。2001年富良野市に移住。農作業ヘルパーなどをしながら風景画を描く。著書に『大人が楽しむはじめての塗り絵 北海道の旅』(いかだ社)、『イマイカツミ探訪画集シリーズ』(寿郎社)など。

川邉もへじ
1969年熊本県生まれ。大工兼木工作家。「cafe ゴリョウ」(富良野市)、「フォーチュンベーグルズ」、「ちっちゃなちっちゃなギャラリー珈琲ゆっくりYuku」(いずれも南富良野町)などのリノベーションを手がける。

家次敬介
1965年北海道中標津町生まれ。富良野高校卒。家電店勤務を経て独立し、現在は「環境にやさしい電器店有限会社三素」を経営。日夜、エコ製品の家庭への普及をめざし奔走している。
お問い合わせ主催:寿郎社(011-708-8565)
   喜久屋書店帯広店(0155-66-7799)
http://www.blg.co.jp/kikuya/shops/obihiro/
その他情報イベント終了後、著者のサイン会があります。

『廃材もらって小屋でもつくるか 電力は太陽と風から』
ISBN978-4-909281-11-1
http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909281111

123456
『のこった』刊行記念対談・星野智幸×原武史
7
無茶するふたり
8910
本屋のしごとの伝え方 『スリップの技法』『本屋、はじめました』『まっ直ぐに本を売る』久禮亮太✕辻山良雄✕石橋毅史トークイベント
111213
1415161718
本活vol.1
1920
変化する<無>
nyx×GACCOH 「マルクスと現代社会」第二回 物質代謝の亀裂と人新世の環境危機
21
石川尚子『オランダ流コーチングがブレない「自分軸」を作る』(七つ森書館)刊行記念
森田真生さん「数学ブックトーク in 東京 2018 新春」
222324
村松静枝×熊谷陣屋×山田司朗「世界から見る日本のビール、日本から見る世界のビール」
252627
28293031