版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ

地元コンシャスな「本とアートの産直市」開催!

「秋の大文化祭」の異名をもつ高円寺フェスが第10回を迎えます。
 東京・高円寺の古着屋さんたちが中心となって、地元商店会を巻き込み、「お店に背中を向けないお祭り」を目指してこられました(確かに、そう言われると大きな「お祭り」って商店にお尻を向けて鑑賞することが多いですよね)。
 そのフェスで「本とアートの産直市」を、今年も開催します。
 これまで、新刊版元が中心となって開催してきましたが、今回は、地元の市民グループ「本が育てる街・高円寺」(略称「本街」)と、新刊書店「文禄堂高円寺店」とのコラボで開催することができます。
 地元コンシャスなお祭りだけに、心強い味方ができたと言えます。
 そこで、今回は、メインプログラムの「本とアートの産直市」だけではなく、本街などとのコラボ企画をご紹介します。

●「本の交換市」を開催
 本街とのコラボ企画としては、「本の交換市」と「チャリティー古本市」を開催します。
 「本の交換市」は本街が日頃から行っている活動のひとつで、「まちなか本棚」の拡大版です。
 「まちのほんだな」では、自転車屋さんや魚屋さんなど、日頃は本と縁のないお店や古書店に本棚を設置し、「自分だけでなく、誰かに読んでもらいたい本」を交換しあうというもの。本が「循環」する様子を可視化しようという野望がこめられた企画です。
 そして、高円寺フェスの2日間は、約500冊の古本をならべ、そこに「誰かに読んでもらいたい本」を持ち寄ると、同じ冊数の本と無料で交換できる、というものです。
会場:明石スタジオ前(杉並区高円寺南4-10-6)
日時:10/29・30 12:00〜17:00

●本屋で使えるクーポンをプレゼント
 一方、文禄堂高円寺店とのコラボ企画は、「本とアートの産直市」で500円以上の買い物をすると抽選で最大3000円のクーポンが当たる、というものです。
 本の産直市は、メーカー(出版社)がユーザー(読者)と直接触れ合う機会を設けることを第一義としています。けっして「中抜き」して、「おれたちで儲けを山分けしようぜ」というものではありません(笑)。
 しかし、そのことを具現化するのは、なかなか難しく、これまで試行錯誤してきましたが、今回は購入者にクーポンを提供し地元書店で使ってもらうことで、本を介して人が街を「回遊」するきっかにしようというもの(下世話な話ですが、使用された額を本とアートの産直市から書店に現金で補填します)。
 高円寺を本の街にしたい、という本街メンバーの思いを実現する第一歩になればと思っています。

 最後に、メインプログラム「本とアートの産直市」についてPRを。
 今年は、32の出版社が集い、「産直」の原点にかえって盛り上げます。
 産直市のいいところは、作り手が買い手と対面し、言葉を交わし、より深く本を知ってもらうこと。なので、今回は、いつもより多くの作り手が会場内にわさわさと滞在しています。
 また、前夜祭「歴史は削除できない」トークイベント「小さな出版社のつくり方」など各種イベントもあります。
 ぜひ、お立ち寄りください。

「本とアートの産直市@高円寺フェス2016」
会場:明石スタジオ(杉並区高円寺南4-10-6)
日時:10/29・30 12:00〜18:00
入場無料

「14年目にして味わう醍醐味」

 ここ数日、岩手県の沿岸南部の大船渡も朝晩めっきり涼しくなってきました。震災後プレハブの小さな社屋を建てて社員4人とともに仕事をしているのだけれど、朝には少しの間エアコンを暖房にしないと小寒くて仕事ができないほど涼しくなってきた。そのくせ昼過ぎになると熱くて冷房を入れたりする。プレハブは安くていいのだけれど、気温の変化に対応できず室内で働いていても寒暖の変化を直に感じて結構ストレスになってしまう。
 暦を見ると今年も早10月半ば。「11月1日」も間近だと気がついた。「11月1日」はイー・ピックス社の創業記念日ということにしている。「…ということにしている」という言い方は少しいい加減なのだけれど、イー・ピックス社が出版業務を手がけて初めて出版した『ケセン語訳新約聖書:マタイによる福音書』の奥付に記された初版の出版日が2002年11月1日になっており、以来この日をイー・ピックス社の創業記念日にしようと社員に宣言したのだった。 (さらに…)

本がテレビで紹介されると売れるのか???

消費税値上げがあったら次は廃業だなと思っていたところ
セコセコとまだ活動をしております。
鳥関連のコミック、書籍を作成しています。
↑徐々に鳥関連グッズ、カレンダーなどに移動中(既に書籍ではない)

ニコニコ動画の人気作家さんの本を作ったのが今から2年前。
ぽつぽつ売れて、初版がまだ残る状態。
いつ2巻は出るのか出ないのかという話題が消えず
という本はいくつもあるのですが
この本に関しては発売からずっと売り上げが止まらず、しっかり売れ続けておりました (さらに…)

子どもたちと、かつて子どもだった大人たちへ贈る本をつくる

 はじめまして。
 九州大学で「子どもプロジェクト」を主宰し、「旅する絵本カーニバル」や「子どもとともにデザイン展」、「宮沢賢治展」を実施してきた目黒実を中心として、2015年の夏に立ち上げた福岡の小さな出版社、アリエスブックスと申します。
 2009年より合同会社という形で企画・デザイン会社として「子ども」と「本」をテーマとし、展覧会やワークショップなどの活動をしてまいりましたが、「やはり自分たちで本自体をつくりたい!」という気持ちが高まり、出版社立ち上げに至りました。
 弊社の最初の絵本は『鳥たちは空を飛ぶ
978-4-908447-00-6
目黒実によるポリフォニックな物語と荒井良二氏の美しい絵の、64ページに及ぶ絵本となりました。 (さらに…)

「地方出版の可能性―北海道デジタル出版推進協会」

 先日、札幌の中心部にあった2つの書店が、ほぼ同時期に閉店しました。どの地域も同じような状況にあると思いますが、書店が減るということは販売機会も減るわけで、売上の減少傾向に拍車がかかるのではないかと案じています。
 また、この春には取次の日販が、北海道支店の店売在庫廃止を決めました。道内出版物の在庫はかろうじて残りましたが、他の地域でも大手取次が店売在庫を廃止する事例が出ているようです。取次としては東京に商品を集約することで在庫を減らし、効率化を図りたいのでしょう。
 地方で出版を続ける身にとって、状況はますます厳しくなるばかりです。そんな中で可能性を感じているのが、一般社団法人北海道デジタル出版推進協会(略称HOPPA)の存在です。 (さらに…)

はじめましてのアトリエM5です。「みちくさを食ってみませんか」

はじめまして。アトリエM5の苅野と申します。
版元ドットコムには、ご縁をいただき2015年に会員になりました。
2010年から、ひとり版元をしています。2012年には拠点を東京から故郷である大阪に移しました。これまで、たくさんの方々の助けを頂戴して今日まで続けることができました。本当に感謝、感謝です。
今日は、久しぶりに刊行した「みちくさ発見伝」とアトリエM5について少し紹介させていただきます。 (さらに…)

絵本専門士養成講座

 先般、「絵本専門士養成講座」を受講し、「絵本専門士」の認定を受けました。この講座は、
国立青少年教育振興機構が主催するもので、半年間の講座を受け、規定の単元数を修得し、必要な資質や能力を備えていると認められれば「絵本専門士」として認定されます。
 今回は、この講座のことを紹介させていただきます。本講座は、2014年に始まったばかりの新しい資格の企画で、私が受講したのは、第2回目で2期生ということになります。国立青少年教育振興機構は文科省の所轄機関で、この講座によって、絵本の専門家を育てて絵本の普及に役立てたいということです。絵本専門士の活動内容は、特に限定されているものではないのですが、一例を紹介すると、保育園、小学校、図書館、書店などでの読み聞かせ活動、また、読み聞かせ活動しているグループの支援をしたり、絵本の研究会や講座を開催させるなど。 (さらに…)

「ソロバンに長けた放浪者の道とは?」

東京のギャラリストたちとアートのコレクターと一緒にアートブックの出版社を作ろうと始まったのが、このユナイテッドヴァガボンズ。訳すと「連帯する放浪者」という意味だ。外国人にこの名刺を渡すと、たいてい笑われる。放浪者と連帯というのは最も対極にある言葉だから。しかし、アーティスト、そしてアートを扱うギャラリスト、さらに僕のようなフリーランスの編集者というのは現代の放浪者/ヴァガボンドではないかと考え、それらが集まることで文殊の知恵ではないが、個々では出来ないことが出来るはずと信じて始めたのがこの出版社。ギャラリストやコレクター、そして自分が出資しあって作った組合のような合同会社で、社長は僕。僕が経営する編集&クリエイティヴ・カンパニーの株式会社グーテンベルクオーケストラと同じ住所で、この出版社のためにフルタイムに働く人はいない、言わば副業出版社状態。 (さらに…)

電子書籍奮闘記

 私たちは、今年1月に初めて本の電子化をはじめました。最初に出した電子書籍は、昨年秋に出版した「憲法決壊2
9784904827352_200
サブタイトルを「戦える日本に変貌させた戦後70年史上最大の解釈改憲の実態」とし、問題になった参議院の安保法制の議事録を、解説を付けて載せたもの、ジャーナリストの高野孟氏の提言や国会議員のインタビューなどもある、ブックレット判の書籍です。
 電子書籍の販売は「株式会社イーブックイニシアティブジャパン」という会社と組みました。私の仲間から紹介してもらったのですが、ここはもともと小学館に居た人たちが中心になって、2000年に作った会社です。このイーブックの取締役の鈴木さんから色々教わりながら、まず1冊やってみようと手探りではじめてみたのです。 (さらに…)

「本をきっかけに、民間外交が始まった。」

梅雨の晴れ間、6月18日に日比谷公園で、ある記念碑の除幕式があり、参列した。
 アジア太平洋戦争のフィリピン戦犯裁判のBC級戦犯105名を赦免した、第6代フィリピン大統領エルビディオ・キリノ氏の顕彰碑である。
 除幕式はフィリピン大使館が主催、キリノ大統領の関係者、日比の政府要人、フィリピンと関係の深い企業の代表者、在日フィリピン人、フィリピンにゆかりのある人々、マスコミ総勢160名の賑やかではれやかなものであった。
 私が参列したのは、ある本をメディアイランドで発行した事がきっかけである。
画家として 平和を希う人として 加納辰夫(莞蕾)の平和思想』(2015年3月1日発行)。
9784904678534_200
この本が縁で、私は、マニラを訪問し、キリノ大統領の家族と会い、セカンドファミリーと呼ばれ、そしてある美術館の理事にも就任することになった。 (さらに…)