取材対応って難しい

2006-12-27 水曜日

皆さんの会社ではどのように対応されるのかわかりませんが、著者が取材を受ける際、弊社では我が部署が担当することになっています。

特に今回、出た健康になるご飯の本「記憶の中の母の味」の関連で、
テレビ1本 ラジオ1本 雑誌3本 新聞1本の取材の申し込みを頂き営業経理担当の私が広報に転向中。

取材内容が良いと売り上げがグンと伸びますから営業担当としても気合の入るところでもありますが、慣れないことをするといろいろありますよね。
なにしろ、相手のあることですから先方の事情にあわせて取材内容が変わるのもよくある話です。
続きを読む »


▲ページの上端へ

出版する・・・と云うコト。

2006-12-20 水曜日

本をビジネスと捉え利益を出していくこと・・・。本を出版することは文化であるという側面(本質?!)・・・。
さまざまな想いや問題が交錯しながらも形を重ね、それを受け入れていくこと。 続きを読む »


▲ページの上端へ

F1 キーを押してください

2006-12-13 水曜日

『コンピュータは、むずかしすぎて使えない!』という翻訳書が2000年に翔泳社から出ていました(現在は品切れ)。インターフェースのデザインが悪いことや用語の使い方が適切でないことで、いかに多くの人がコンピュータやソフトウェア、ハイテク家電などを使うときに苦労・苦痛を強いられているかを語った本です。毀誉褒貶相半ばする山形浩生氏の翻訳・あとがきであったのでこの本の評価も大きく割れてしまったようですが、この手のことを取り上げた一般向けの本としてはかなり早い時期のものだったでしょう(今なら「ユーザビリティ」の本、と分類されるかもしれません)。
 あれから6年以上が過ぎて、事態はめざましく改善されたでしょうか。
 残念ながらそうでもなさそうです。

 版元ドットコム事務局の運営に関わるようになって1年近くになりますが、折に触れて上記の本のことを、何度も思い出しました。版元ドットコム関係でお問い合わせを受けるたびに「そもそもこのような問い合わせが発生したのはなぜか?」と考えました。 続きを読む »


▲ページの上端へ

絵本の出版社「アスラン書房」は新聞も出しています

2006-12-6 水曜日

 はじめまして。2006年の7月から版元ドットコムに参加しましたアスラン書房の中村剛です。
 アスラン書房はもっぱら絵本を出している出版社です。社名の「アスラン」ですが、これはC・S・ルイスの『ナルニア国ものがたり』に登場するライオンの名前です。はじめて小社の社名をお聞きになられた方は「え、なに?」という表情をされることが多いです。それはそうですよね。しかし、社名を『ナルニア国』からとったんですと説明すると、「あー、読みました」「映画観ました」などと盛りあがることもあるので、記憶にはとどめていただきやすいのかなと思っています。設立は1992年、社員3名の出版社です。現在までの16年間で出版点数は70点強(版元ドットコムに登録済は46点。登録作業が遅くてすみません)ですから、新刊は多くありません(2006年の新刊は3点です)。 続きを読む »


▲ページの上端へ