小社にとって欠かせない「おまけ」

2005-9-28 水曜日

 小社では「ホンのおまけ」という、目録と通信を兼ねた読者向けの小冊子を作っています。先月、最新号が完成し、なんとかお盆休み前に発送を終えました。新書判16頁一色刷りのささやかなもので、表紙イラストと印刷以外、原稿書きから汗と糊まみれの封筒づめ、最後に近所の郵便局に出すまで、助っ人の手を借りつつもほとんど社内手作業でやっています。
 10年前、オフィスエムは出版活動をはじめました。それまで多少の経験はあっても、「ゼロから自分たちで出版をはじめる」ことについては、すべてが初めての体験でした。 続きを読む »


▲ページの上端へ

差別表現がまたぞろ……

2005-9-21 水曜日

最近また差別表現問題が再燃しているようです。そのせいもあってか(宣伝めきますが)、小社刊「実例・差別表現」(宣伝そのものですが増刷しました)の著者の講演依頼が相次いでいます。これまでに何度も問題になっており、高い代償を支払わされているにもかかわらず、なかなか事件がなくならないのは、やはり人権意識が希薄で小手先やその場かぎりの対応になっていたからなのでしょう。これでは大事にならないとも限らない。ご用心めされ。 続きを読む »


▲ページの上端へ

はじめまして、太田出版も会員になりました

2005-9-14 水曜日

はじめまして、この度会員となりました太田出版の森と申します。太田出版は設立当初はタレント本を中心に、以降はいわゆるサブカルチャーと呼ばれるジャンルの書籍を中心にこれまで出版活動を行ってきた版元です。

おそらく太田出版に対するイメージは当版元の短くとも長い歴史の中で奇跡的に生み出されたヒット作から出ているのでしょう、もちろんサブカルチャー関連書籍は今でも当社のメインのジャンルではあります。私自身入社2年の若輩者ですが、入社以前の印象以上に太田出版がさまざまなジャンルを発行していることに驚かされました。きっと皆様もその統一性の無さに驚き、呆れてしまうこと請け合いです。 続きを読む »


▲ページの上端へ

日本の書籍を海外に発信しよう!

2005-9-7 水曜日

 はじめまして。版元ドットコム新入り、オープンナレッジの早川です。
 弊社は総合知識のプロバイダーとして知識の「構造化」→「流通」→「活性化」を通して社会の発展に寄与することを基本理念としております。
 今回は、出版業よちよちあるきの弊社が、翻訳書籍の業界を見て考えたこと、また弊社が現在計画中の「日本の書籍を世界に発信しよう!」計画(現段階ではまだ夢物語ですが)について書かせていただきます。 続きを読む »


▲ページの上端へ