版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
未来のダンスを開発する 木村覚(著) - メディア総合研究所
.
ブレインズ叢書3

未来のダンスを開発する フィジカル・アート・セオリー入門

四六判
206ページ
並製
定価 1,400円+税
ISBN
978-4-944124-36-7
Cコード
C0073
一般 単行本 音楽・舞踊

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2009年10月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

佐々木敦『「批評」とは何か?』、大谷能生『散文世界の散漫な散策』に続くブレインズ叢書第三弾!
「イリュージョン/プロセス」「タスク」「ゲーム」「死体」「観客」――気鋭のダンス批評家が5つのキーワードで切り拓く身体表現の新たな地平

目次

第一章 「イリュージョン/プロセス」について
第二章 「タスク」について
第三章 「ゲーム」について
第四章 「死体」について
第五章 「観客」について

著者プロフィール

木村覚  (キムラサトル)  (

1971年生まれ。
美学研究者、ダンス批評、現代美術批評研究。
2003年に「踊ることと見えること 土方巽の舞踏論をめぐって」で第12回芸術評論募集佳作入選(主催:美術出版社)。以後、『美術手帖』などで、ダンスや演劇を中心とした批評活動をはじめる。現在、日本女子大学で講師をつとめる。

上記内容は本書刊行時のものです。