版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"映画時評集成 2004-2016";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-924671-31-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1181:"稀代のシネフィル 伊藤洋司が語る1370本の名作映画!映画評論家・蓮實重彥氏も推薦!【目次】第一部 『週刊読書人』で連載された13年間・全155回の「映画時評」(言及された映画・人名はそれぞれ1370本、1280人に及ぶ)第二部 五人の映画作家との七つの対話・青山真治――『秋聲旅日記』をめぐって・黒沢清①――『映画術』と『LОFT』をめぐって・パスカル・フェラン――『レディ・チャタレー』をめぐって・黒沢清②――追悼テオ・アンゲロプロス・ギヨーム・ブラック①②――『遭難者』『女っ気なし』『やさしい人』をめぐって・ペドロ・コスタ――『ホース・マネー』をめぐって第三部 『週刊読書人』年末特別号「年末回顧」における映画部門評(13年分)第四部 青山真治監督・伊藤洋司が選ぶ「映画ベスト三〇〇本」 (青山真治監督との対談【本書のために語りおろし!対談文字数4万2000字!】、それぞれが選んだ「映画ベスト三〇〇」リスト付)";s:6:"author";s:21:"伊藤洋司(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"読書人";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"読書人";s:12:"release_date";i:1510671600;}

映画時評集成 2004-2016

文芸 ラノベ

伊藤洋司(著/文)
発行:読書人

四六判   526頁 
定価 2,700円+税

ISBN 978-4-924671-31-7   C0074

書店発売日 2017年11月15日
登録日 2017年9月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

稀代のシネフィル 伊藤洋司が語る1370本の名作映画!
映画評論家・蓮實重彥氏も推薦!

【目次】
第一部 『週刊読書人』で連載された13年間・全155回の「映画時評」
(言及された映画・人名はそれぞれ1370本、1280人に及ぶ)
第二部 五人の映画作家との七つの対話
・青山真治――『秋聲旅日記』をめぐって
・黒沢清①――『映画術』と『LОFT』をめぐって
・パスカル・フェラン――『レディ・チャタレー』をめぐって
・黒沢清②――追悼テオ・アンゲロプロス
・ギヨーム・ブラック①②――『遭難者』『女っ気なし』『やさしい人』をめぐって
・ペドロ・コスタ――『ホース・マネー』をめぐって
第三部 『週刊読書人』年末特別号「年末回顧」における映画部門評(13年分)
第四部 青山真治監督・伊藤洋司が選ぶ「映画ベスト三〇〇本」 
(青山真治監督との対談【本書のために語りおろし!対談文字数4万2000字!】、それぞれが選んだ「映画ベスト三〇〇」リスト付)

その他情報

書評専門紙「週刊読書人」より初刊行の単行本です。
芸術書・映画書などの棚に置いてくだされば幸いです。

著者プロフィール

伊藤洋司(イトウヨウジ)

1969年、東京生まれ。筑波大学附属駒場中学校及び高等学校、東京大学文学部フランス語フランス文学専修課程を経て、同大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学。また、フランス高等師範学校研究生及びパリ第3大学(新ソルボンヌ大学)博士課程学生としてパリに留学し、パリ第3大学で博士号取得(アポリネール研究による)。現在、中央大学経済学部教授(映画、フランス文学)。著書(単著)に、Apollinaire et la lettre d’amour(Paris, Editions Connaissances et Savoirs)。共著に、『映画、眼差しと記憶』(中央大学人文科学研究所)、『映像表現の地平』(中央大学出版部)、『フランス文化事典』(丸善出版)など。

上記内容は本書刊行時のものです。