版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
明治の津和野人たち 山岡 浩二 - 堀之内出版
.
詳細画像 0 詳細画像 1

明治の津和野人たち 幕末・維新を生き延びた小藩の物語

発行:堀之内出版
四六判
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-909237-36-1
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
不明
初版年月
2018年5月
発売予定日
登録日
2018年3月5日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

小説家 伊東潤氏推薦!「幕府と長州藩の間に挟まれた津和野藩の状況は、大国の間で生きていかねばならない現代日本の問題と酷似している。」

森鴎外、西周……。なぜ山あいの小さな藩から、武ではなく文で活躍する多くの者たちが輩出されたのか。約4万石の小さな藩が激動の幕末・ 明治を生き抜いた秘密は、 豊富な人材とそれを育てた教育にあった!津和野の人物の魅力、 歴史をまとめた1冊。

著者プロフィール

山岡 浩二  (ヤマオカ コウジ

1956年、津和野生まれ。同在住。津和野町観光協会副会長・ 津和野の自然と歴史を守る会会長・ 中国浙江大学城市学院客座教授など。津和野町役場勤務中(森鷗 外記念館スタッフ・商工観光課長・総務課長など) から郷土史研究、森鷗外研究などを行なう。2011年退職後は、 上記役職のほか、講演・執筆を中心に活動。著書に『 津和野をつづる~生粋の津和野人による津和野覚書』( モルフプランニング刊)、『津和野藩ものがたり』(共著、 山陰中央新報社刊)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。