版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ハンス・ヨナスを読む 戸谷洋志 - 堀之内出版
.

ハンス・ヨナスを読む

発行:堀之内出版
四六判
縦188mm 横130mm
232ページ
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-909237-34-7
Cコード
C0010
一般 単行本 哲学
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年1月
書店発売日
登録日
2017年9月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-04-26 Hanako  no.1154
評者: 出町座
2017-04-01 出版ニュース  2477号

目次

はじめに
未来への責任/現代思想のなかのヨナス/「ヨナスの哲学」を描き出す

第一章 ヨナスの人生
ヨナスの少年時代/学生時代のヨナス/古代グノーシス主義の研究/亡命と戦争/アメリカへの移住と晩年/ヨナスの著作の特徴

第二章 テクノロジーについて――技術論近代とテクノロジー/無限の「進歩」への自動運転/テクノロジーと科学/科学の没価値性/テクノロジーの没価値性/テクノロジーがもたらす破局/未来への責任/生命への眼差し

第三章  生命について――哲学的生命論
生物学の問題点/哲学的生命論の構想/生命の本質としての代謝/自己、世界、時間/死の可能性/生物種の進化/哲学的人間学へ

第四章  人間について――哲学的人間学
ホモ・ピクトル/「像」という概念の構造/「私」とは何か/人間像の形成と歴史/歴史を紡ぐものとしての人間/過去の理解/倫理の問題圏へ

第五章  責任について――責任概念の構造
生命の自己肯定/それ自体としての善の呼び声/責任の対象の条件/子どもへの責任/責任の主体としての人間/責任の審級としての存在全体/人類の存続への責任をどう基礎付けるのか

第六章  未来倫理について――形而上学的演繹
責任の可能性への責任/存在論的命令の二重性――事実と質/危機の二重性/歴史の可能性への責任/恐怖に基づく発見術/未来の形而上学の仕事

第七章  神について――神話の思想
瞬間における永遠への直面/行為の不死性/神話の思想/宇宙創成の物語/無力な神/私が神を守る:殺された人々のために

おわりに
アーレントからの批判/ガダマーからの批判/アーペルからの批判/国際社会における受容/哲学者であると同時に、ユダヤ人であること

あとがき

版元から一言

日本初となるハンス・ヨナスの入門書。マルティン・ハイデガーの弟子であり、ハンナ・アーレントの親友でもあったハンス・ヨナスは、欧米では著名な哲学者でありながら、今まで日本ではあまり注目されることはありませんでした。しかし、その生命倫理や科学技術倫理に対する考察は、非常に今日的なテーマとして、じょじょに関心が高まっています。『Jポップで考える哲学』(講談社文庫)を上梓、哲学カフェの主宰など、1988年生まれの若手ながら、哲学をわかりやすく広めることに定評のある著者が、自身の専門とするハンス・ヨナスについて初学者でもわかりやすい1冊として彼の哲学をまとめました。

装画 太田陽博

上記内容は本書刊行時のものです。