版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
竹内好とその時代 黒川 みどり(編) - 有志舎
.

竹内好とその時代 歴史学からの対話

発行:有志舎
A5判
328ページ
上製
定価 5,000円+税
ISBN
978-4-908672-19-4
Cコード
C3021
専門 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年2月
書店発売日
登録日
2018年1月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-04-21 朝日新聞  朝刊
評者: 間宮陽介(青山学院大学特任教授・社会経済学)

紹介

戦後思想のなかに独自の地歩を占める思想家――竹内好。中国文学研究者でありアジア・太平洋戦争下での従軍体験もあった彼は、中国近代の歴史と文学に現れた思想を動態的にとらえ、そこから独自の「近代」論や文学論、アジア論・知識人論などを紡ぎ出していった。さらに戦後日本人の思想の在り方にも真正面から向き合い、ナショナリズムや民族・民主主義というものを根本から考え続けた。その竹内は、同時代の歴史学とどのような対話を繰り広げ、また歴史そのものをどのように考えていたのか。また現代の歴史家は、彼の思想といかなる対話をなし得るのか。本書は歴史学の立場と手法から、竹内の思想と歴史認識にさまざまな角度からアプローチする。

目次

総論 竹内好と「歴史学」との対話(山田 智)
第一部 生涯と思想―評伝編―
一 〈魯迅〉にいたる道 ―復員まで―(小嶋茂稔)
二 〈ドレイ〉からの脱却を求めて―戦後社会のなかで―(黒川みどり) 
第二部 思想と近現代史―各論編―
一 〈共通の広場〉の模索―竹内好と第三次『思想の科学』―(廣木 尚)
二 明治維新論の展開(田澤晴子)
三 〈朝鮮〉というトポスからみた「方法としてのアジア」(姜 海守)

著者プロフィール

黒川 みどり  (クロカワ ミドリ)  (

静岡大学教授

山田 智  (ヤマダ サトシ)  (

静岡大学准教授

上記内容は本書刊行時のものです。