版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:61:"アンシアン・レジーム期フランスの権力秩序 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908672-17-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:783:"アンシアン・レジーム期のフランスは、典型的な絶対王政国家と長らくとらえられてきた。しかし、それは妥当なのだろうか。本書は、南仏ラングドック地方において、王権と地域権力が地域秩序の形成をめぐって交渉し、頻発する蜂起にどう対応したのかという点に焦点をあてる。ここからは、王権が志向する支配秩序とは異なるさまざまな秩序が併存し競合していた社会の実態が浮かび上がってくる。絶対王政論・社団的編成論を批判的に検討し、ヨーロッパ近世史研究との架橋を試みながら、新たなアンシアン・レジーム像を描き出す本書は、フランス革命の意味をも問う。";s:6:"author";s:22:"仲松 優子(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"有志舎";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"有志舎";s:12:"release_date";i:1514127600;}

アンシアン・レジーム期フランスの権力秩序 蜂起をめぐる地域社会と王権

歴史・地理 ラノベ

仲松 優子(著)
発行:有志舎

A5判   280頁  上製
定価 6,000円+税

ISBN 978-4-908672-17-0   C3022

奥付の初版発行年月 2017年12月
発売予定日 2017年12月25日
登録日 2017年11月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アンシアン・レジーム期のフランスは、典型的な絶対王政国家と長らくとらえられてきた。しかし、それは妥当なのだろうか。本書は、南仏ラングドック地方において、王権と地域権力が地域秩序の形成をめぐって交渉し、頻発する蜂起にどう対応したのかという点に焦点をあてる。ここからは、王権が志向する支配秩序とは異なるさまざまな秩序が併存し競合していた社会の実態が浮かび上がってくる。絶対王政論・社団的編成論を批判的に検討し、ヨーロッパ近世史研究との架橋を試みながら、新たなアンシアン・レジーム像を描き出す本書は、フランス革命の意味をも問う。

目次

序 章 アンシアン・レジーム再考
第一章 アンシアン・レジーム期の地方統治 
第二章 国王裁判所の創設をめぐる地域政治
第三章 国王裁判所司法官と地域社会 
第四章 蜂起と地域秩序
第五章 秩序の再建と秩序観の相克
第六章 地方統治と地域住民
終 章 アンシアン・レジームの持続性と変容 

著者プロフィール

仲松 優子(ナカマツ ユウコ)

1974年生まれ、北海学園大学人文学部准教授

上記内容は本書刊行時のものです。