版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
二宮金次郎とは何だったのか 小澤 祥司(著) - 西日本出版社
.
詳細画像 0

二宮金次郎とは何だったのか 臣民の手本から民主主義者へ

四六判
上製
価格 1,800円+税
ISBN
978-4-908443-26-8
Cコード
C0021
一般 単行本 日本歴史
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年6月
書店発売日
登録日
2018年5月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

江戸末期から明治にかけて、二宮金次郎の財政再建手法は報徳運動として全国に広がった。
そしてそこから生まれた虚像「金次郎像」は大日本帝国を支える「臣民」の手本とされた。
ところが、戦後はGHQによって「民主主義者」として称揚される。

歴史の深層から時代ごとに塗り替えられた「金次郎像」を掘り起こしていく。

著者プロフィール

小澤 祥司  (オザワ ショウジ)  (

環境保全活動や企業の社会的責任を軸に発言してきた環境ジャーナリスト。
大日本報徳社のある静岡県掛川市の出身で、尊徳は20年来のテーマ。
東日本大震災と原発事故後に、やはり尊徳と関わりの深い福島県相馬市を訪れたことをきっかけに、明治維新後の二宮尊徳像や報徳運動を詳細に掘り起こしてきた。
著書に「電力自由化で何が変わるか」(岩波ブックレット)「飯館村-6000人が美しい村を追われた」(七つ森書館)。

上記内容は本書刊行時のものです。