版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:46:"壊れゆく資本主義をどう生きるか ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908407-12-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:0:"";s:6:"author";s:32:"若森 章孝(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:12:"唯学書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"唯学書房";s:12:"release_date";i:1510758000;}

壊れゆく資本主義をどう生きるか 人種・国民・階級2.0

若森 章孝(著), 植村 邦彦(著)
発行:唯学書房
発売:アジール・プロダクション

四六判   424頁  上製
価格 3,200円+税

ISBN 978-4-908407-12-3   C3030

奥付の初版発行年月 2017年11月
書店発売日 2017年11月16日
登録日 2017年11月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

プロローグ 日本社会はどこに向かうのか
第1章 新自由主義と自由、民主主義
第2章 国民/ナショナリズム
第3章 人種/レイシズム
第4章 階級/階級闘争
第5章 「資本主義の終わり」の始まりとオルタナティブ
エピローグ 三つの危機に応えられない資本主義

著者プロフィール

若森 章孝(ワカモリ フミタカ)

1944年生まれ。関西大学名誉教授。主な著書に、『新自由主義・国家・フレキシキュリティの最前線 グローバル化時代の政治経済学』(晃洋書房)、『歴史としての資本主義 グローバリゼーションと近代認識の再考』(共著、青木書店)。主な訳書に、ポランニー『市場社会と人間の自由 社会哲学論選』(大月書店)、バリバール/ウォーラーステイン『人種・国民・階級 「民族」という曖昧なアイデンティティ』(唯学書房)など。

植村 邦彦(ウエムラ クニヒコ)

1952年生まれ、関西大学経済学部教授、専門は社会思想史。著書に、『マルクスを読む』(青土社)、『マルクスのアクチュアリティ マルクスを再読する意味』(新泉社)、『市民社会とは何か 基本概念の系譜』(平凡社新書)、『ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性 世界システムの思想史』(平凡社)。訳書に、マルクス『ルイ・ボナパルトのブリュメール18日』(平凡社ライブラリー)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。