版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"エロ・エロ東京娘百景 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908073-42-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:1246:"幻の発禁本、読みやすいワイド版、詳細な解説付で復刻! 昭和5 年11 月15日に誠文堂より発行され、12月23日に発禁処分となり、国会図書館にも蔵書のない『エロ・エロ東京娘百景』の復刻版。冒頭に『ニッポン エロ・グロ・ナンセンス』(講談社選書メチエ、2016)の著者、毛利眞人氏(本書監修者)による解説を増補し、各ページを拡大して収録のうえ監修者による註を挿入、理解の一助とした。虚実皮膜にありながら、現代にも通じる昭和初期の裸の東京を描いた貴重資料。 近代娘は奔放だ。 近代娘はエロチツクだ。 近代娘はジヤヅ的だ。 一瞬一瞬の情景と感情のモンタージュという点で、川端康成と吉行エイスケと『エロ・エロ東京娘百景』は血縁関係にある。この小さな百景は、虚実皮膜にありながら、昭和初期の裸の東京を描いている。そうして、読む人はここに描かれた都会のモンタージュにそっと現代社会を重ね合わせてみたくなるであろう。それこそが本書を復刻する意義である。……(あとがきより)";s:6:"author";s:35:"壱岐 はる子(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"えにし書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"えにし書房";s:12:"release_date";i:1502031600;}

ぐらもくらぶシリーズ3

エロ・エロ東京娘百景 ワイド復刻版 解説付 

壱岐 はる子(著), 毛利 眞人(監修)
発行:えにし書房

B5判   176頁 
価格 2,500円+税

ISBN 978-4-908073-42-7   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年8月
書店発売日 2017年8月7日
登録日 2017年7月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

幻の発禁本、読みやすいワイド版、詳細な解説付で復刻!
昭和5 年11 月15日に誠文堂より発行され、12月23日に発禁処分となり、国会図書館にも蔵書のない『エロ・エロ東京娘百景』の復刻版。冒頭に『ニッポン エロ・グロ・ナンセンス』(講談社選書メチエ、2016)の著者、毛利眞人氏(本書監修者)による解説を増補し、各ページを拡大して収録のうえ監修者による註を挿入、理解の一助とした。虚実皮膜にありながら、現代にも通じる昭和初期の裸の東京を描いた貴重資料。

近代娘は奔放だ。
近代娘はエロチツクだ。
近代娘はジヤヅ的だ。
一瞬一瞬の情景と感情のモンタージュという点で、川端康成と吉行エイスケと『エロ・エロ東京娘百景』は血縁関係にある。この小さな百景は、虚実皮膜にありながら、昭和初期の裸の東京を描いている。そうして、読む人はここに描かれた都会のモンタージュにそっと現代社会を重ね合わせてみたくなるであろう。それこそが本書を復刻する意義である。……(あとがきより)

目次

十銭文庫と『エロ・エロ東京娘百景』 毛利眞人
 Ⅰ  発禁本
 Ⅱ 十銭文庫とは
 Ⅲ エロ・エロ東京娘百景の成立と発禁まで
 Ⅳ 内容について
Ⅴ エロ・エロ東京娘百景と娘アラモード

【ワイド復刻版 解説付】 エロ・エロ東京娘百景

デパート・ガール/エレヴエーター・キツス/タイプライター・ラヴ/オフヰス・ワイフ/スポンヂ・ガール/逢引七曜表/友愛結婚/レスピヤ・ガール/白鼠・ガール/チヨイト・ガール/ランチ・ガール/キツス・ガール/ステツキ・ガール/マネキン・ガール/ゲーム・ガール/ボート・ガール/タイピスト/ビヂネス・ガール/ズロース全廢/ドライブ・ガール/ツルベ・ガール/ナツシング・ガール/スポイト・ガール/スポーツ・ガール/オカチン・ガール/ペツト・ガール/スモーク・ガール/キツス病患者/女學生隱語辭典/電車小景/キヤラメル・ガール/モスリン・ガール/シヤボン・ガール/文撰・ガール/捲線・ガール/星・ガール/アメチヨコ・ガール/タバコ・ガール/板張り・ガール/女工隱語集/ナンセンス・ガール/松茸・ガール/サンマー・ガール/紅ばら團長/いともよき治療/マージヤン・ガール/ハイスピード・ガール/結婚拒否/ヒロイン・ガール/刺戟病患者/お腰を買ふ娘/納屋で語る娘/客の室に長居する娘/令息を慰める娘/三角を描く娘/女中の要求書/痩せたい娘/物干臺の求愛/二十八貫の娘/踊る娘/人肉メニユウ/女郎を買ふ/ミシン・ガール/ビラ・ガール/有閑・ガール/ガソリン・ガール/金春湯の娘/派出婦行状記/靑バス・ガール/ダンサー・亂行記/廻轉する女給/モデル・ガール/貞操を捨てた・ガール/モダン・ラヴ/コーラス・ガール/秘密箱をもつ娘/結婚條件/夕刊・ガール/テケツ・ガール/アパート・ガール/エログロ・ガール/イツト・ガール/サイレン・ガール/平忠度孃/エロ苦學孃/オールド・ミス/イレズミ・ガール/アンチ・ステツキ孃/娘・外交員/喫茶・ガール/シヨツプ・ガール/オークシヨン・ガール/電話交換孃/乘馬・ガール/ゴルフ・ガール/オーフヰス・ガール/エンゲルス・ガール/ストリート・ガール/ポン引・ガール/圓ダク・ガール

著者プロフィール

壱岐 はる子(イキ ハルコ)

誠文堂が懸賞募集した十銭文庫(1930年に誠文堂が創刊したシリーズ)原稿の当選者とされている。

毛利 眞人(モウリ マサト)

1972年生まれ。音楽評論家・レコード史研究家。
単著に「貴志康一 永遠の青年音楽家」(国書刊行会 2006)、「ニッポン・スウィングタイム」(講談社 2010)、「沙漠に日が落ちて 二村定一伝」(講談社 2011)、「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス」(講談社 2016)が、共著に「モダン心斎橋コレクション」(国書刊行会)、「浅草オペラ 舞台芸術と娯楽の近代」(森話社)などがある。
2001年から2011年まで関西発NHKラジオ深夜便「懐かしのSP盤コーナー」に音源と解説を提供。また「日本SP名盤復刻選集」(ローム)、「ねえ興奮しちゃいやよ 昭和エロ歌謡全集」(ぐらもくらぶ)、「ニッポン・エロ・グロ・ナンセンス モガ・モボ・ソングの世界」(ビクターエンタテインメント)をはじめとして、SP盤復刻CDの音源提供・監修を手がけている。SP盤を用いたコンサートやイベントも行なっている。

上記内容は本書刊行時のものです。