版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:22:"第一次世界大戦 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908073-24-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:395:"「戦争はこりごり」と誰もが思っていた…… なぜ大規模戦争に突入してしまったのか?開戦に至るまでの皇帝や国王、外務大臣や高位の外交官、軍司令官らの人間ドラマを緻密かつ冷徹に描き出しながら、 外交史家の視点で、現代史の様々な事象との比較を試み、歴史の教訓を探る基本図書。";s:6:"author";s:55:"マーガレット・マクミラン(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:15:"えにし書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"えにし書房";s:12:"release_date";i:1464015600;}

第一次世界大戦 平和に終止符を打った戦争
The War That Ended Peace

マーガレット・マクミラン(著), 真壁 広道(訳)
発行:えにし書房

A5判   776頁  上製
価格 8,000円+税

ISBN 978-4-908073-24-3   C0022
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2016年5月
書店発売日 2016年5月24日
登録日 2016年3月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-10-22 図書新聞  
評者:中山弘明 徳島文理大学教授
2016-09-30 週刊読書人  
評者:池井優=慶應義塾大学名誉教授・日本外交史専攻
2016-07-17 読売新聞  朝刊
評者:奈良岡聰智(政治史学者、京都大学教授)
0000-00-00 図書新聞  10月22日号
評者:中山弘明 徳島文理大学教授

紹介

「戦争はこりごり」と誰もが思っていた……
なぜ大規模戦争に突入してしまったのか?開戦に至るまでの皇帝や国王、外務大臣や高位の外交官、軍司令官らの人間ドラマを緻密かつ冷徹に描き出しながら、
外交史家の視点で、現代史の様々な事象との比較を試み、歴史の教訓を探る基本図書。

目次

序 戦争か平和か?
1 1900年のヨーロッパ
2 イギリスと栄光ある孤立
3 ヴィルヘルム二世とドイツ―「悲しいことだ国王が大人でない!」
4 世界政策
5 ドレッドノート―英独海軍競争
6 英仏協商―不思議な友好関係
7 熊と鯨―ロシアとイギリス
8 ニーベルングの忠誠―オーストリア=ハンガリーとドイツの二国同盟
9 人々が考えていたこと―希望、恐怖、思想、言葉にならない想定
10 平和の夢想
11 戦争について考える
12 戦争計画の作成
13 危機の始まり―第一次モロッコ事件
14 ボスニア危機―ロシアとオーストリア=ハンガリーの対立
15 1911年―第二次モロッコ事件
16 第一次バルカン戦争
17 戦争あるいは平和への準備―ヨーロッパにおける平和の最後の数カ月
18 サラエヴォの暗殺 
19 「ヨーロッパ協調」の終焉―オーストリア=ハンガリーの対セルビア宣戦
20 消えた灯り―ヨーロッパの平和の最後の一週間
エピローグ―戦争

前書きなど

私たちが21 世紀から指摘するとすれば、2つの点から戦争に導いた人々を責めることができる。
1つは、こうした闘争がいかに破壊的なものになるかということを予見する想像力が欠けていたこと。
2つ目は、戦争をする以外に選択肢がないと言う人々に対して立ちはだかる勇気が欠けていたことである。
(エピローグより)

版元から一言

小説より面白い第一級の歴史書!
各紙誌で絶賛されてます。膨大な量ですが、読み出したら止まりません。

「第一次世界大戦の起源についてこれほど確かな叙述ができる著者はまずいない……わかりやすくエレガントな文体、人間の弱点に対する鋭い視点、詳細に対する完璧な気配り、今年書かれた本のなかで最も楽しく読める本と言ってよい」
ドミニク・サンドブルック(サンデー・タイムズ 2014)

「当代最も才気溢れる歴史家がシャープに描いたこの歴史書は、私たちが自分の行った行動の結果を予見できないときに生じる危険について警告している。意図をあちこち張りめぐらし、興味を引く話を交えて生き生きと描き、作者の優れた洞察によって読み進まずにはいられないものとなっている。本書は私が第一次世
界大戦の原因に関して読んだ本の中では最良の本である」
マデリーン・オルブライト(アメリカ合衆国元国務長官)

「きわめて明晰な思考力を使って書く研
究者による、すばらしい作品」
アントニー・ビーヴァー(ザ・タイムズ)

「第一次世界大戦の原因について書かれた最もバランスが取れているとともに読みやすい研究」
トニー・バーバー(フィナンシャルタイムズ)

「しっかりした根拠のもとに書かれた、人の心を強く動かす作品であり、徹底した研究が行われている……古いヨーロッパの最後の数年間を明確に説明している」アマンダ・フォアマン

「公平で、豊かで、示唆に富む……マクミランは困難だらけのこの時代の世界を風刺をきかせ人間味たっぷりに記録している」
クリストファー・クラーク(ロンドン・レヴュー・オブ・ブックス)

「心の底から揺さぶられる力のある作品――マクミランの歴史書には権威がある――濃密
で、バランスが取れていて、人間味に溢れている。ヨーロッパの外交の崩壊について、これほど巧みに書かれたことはかつてなかったといってよい」。
ジェーン・リドリー(スペクテーター)

著者プロフィール

マーガレット・マクミラン()

カナダのオンタリオ州トロント出身の歴史家。イギリス首相ロイド・ジョージの曾孫。
トロント大学トリニティ・カレッジで現代史の修士号取得。オックスフォード大学セント・アントニー・カレッジで博士号取得。現在セント・アントニーズ・カレッジ学長、オックスフォード大学国際史教授。専門はイギリス帝国現代史、国際関係論。カナダ国際問題研究所(CIIA)のメンバー。ピースメイカーズでカナダ総督賞・サミュエル・ジョンソン賞受賞。代表作のピースメイカーズでは1919年のパリ講和会議とその参加者達を詳細に描いており、日本全権団の提出した人種差別撤廃案については一章を割いて記述している。
邦訳書:『誘惑する歴史:誤用・濫用・利用の実例』(えにし書房、2014年)、『ピースメイカーズ――1919年パリ講和会議の群像』上下巻(稲村美貴子訳、芙蓉書房出版、2007年)

真壁 広道(マガベ ヒロミチ)

1957年生まれ。一橋大学卒業。現在、神奈川県立鎌倉高等学校に勤務。
訳書:マーガレット・マクミラン『誘惑する歴史:誤用・濫用・利用の実例』(えにし書房、2014年)、ジョン・パードゥ「イギリスの同時代日本評、1924-41、新聞、書籍、書評およびプロパガンダについて」『日英交流史第5巻』(東大出版会、2000年)、A.J.P.テイラー『トラブルメイカーズ:イギリス外交史に反対した人々』(法政大学出版局、2002年)

上記内容は本書刊行時のものです。