版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:22:"愛国とレコード ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908073-05-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:108:"アサヒ蓄音機商会を中心とした、戦前軍歌のレーベル写真と歌詞の詳細な解説。";s:6:"author";s:27:"辻田 真佐憲(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"えにし書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"えにし書房";s:12:"release_date";i:1415113200;}

ぐらもくらぶシリーズ1

愛国とレコード 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会

辻田 真佐憲(著)
発行:えにし書房

A5判    並製
定価 1,600円+税

ISBN 978-4-908073-05-2   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年11月
書店発売日 2014年11月5日
登録日 2014年8月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

アサヒ蓄音機商会を中心とした、戦前軍歌のレーベル写真と歌詞の詳細な解説。

目次

主な収録内容

時局小唄:噫従軍記者の歌
    (血染の鉄筆)
時局歌:航空大行進曲
時局国民歌:雪の戦線
時局小唄:防空の歌
時局小唄:陸戦隊行進曲
時局小唄:リットンぶし
    (認識不足も程がある)
時局小唄:昭和青年愛国歌
時局小唄:昭和青年神軍歌
流行歌:躍進節
新流行小唄:日満おどり

流行歌:輝く大満洲
連盟小唄:十三対一(名誉の孤立)
愛国歌:祖国の前衛
愛国歌:若しも召集令が下ったら
軍歌:上海陸戦隊の歌
軍歌:南京陥落祝勝歌
軍歌:凱旋(あな嬉し喜ばし)
愛国歌:漢口陥落だより
軍歌:軍艦行進曲
軍歌:爆撃千里
描写劇:五・一五事件 血涙の法廷  (海軍公判)

前書きなど

「戦争は商機だ、ドンドン軍歌を売りだせ!」。アサヒ蓄音器商会は、大正時代から
昭和戦前期にかけて名古屋に存在したローカル・レコード会社である。代表的なレー
ベルとして「ツルレコード」と「アサヒレコード」を擁し、首都圏・関西圏の大手
企業に伍さんとして、次々に尖鋭的な企画を打ち出していったことで知られる。
 軍歌とはそもそも日清戦争以来「儲かる商品」であった。ナショナリズムに燃え
立つ民衆はこれ以上ない軍歌の消費者だったからだ。そこで、日本の企業は明治時
代から我先に軍歌を濫造し、金銭を稼いでいたのである。従って、ツル・アサヒの
軍歌は、ローカルでありながら、実はユニバーサルでもある……例えば、我々の身
近に低劣な「愛国コンテンツ」が存在しないだろうか。低劣とバカにするのは結構。
だが、その実力は決して無視できない。大名古屋の軍歌はまさにその論拠となるの
ではないだろうか。

版元から一言

辻田真佐憲最新刊!
アサヒ蓄音機商会を中心とした、戦前軍歌のレーベル写真と詳細な解説。異色の文化研究本!

著者プロフィール

辻田 真佐憲(ツジタ マサノリ)

1984 年、大阪府生まれ。文筆家・プロパガンダ研究者。慶應義塾大学文学部卒業。著書に『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』(社会評論社)、『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』(幻冬舎新書)。監修に『大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)、『日本の軍歌』(晋遊舎ムック)などがある。軍歌の復刻にも取り組み、『大名古屋軍歌』『續・大名古屋軍歌』(ぐらもくらぶ)の監修もつとめる。

上記内容は本書刊行時のものです。