版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:40:"国鉄「東京機関区」に生きた ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-908073-04-5";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:292:"いまはなき、国鉄「東京機関区」に生きた著者が、国鉄職員の“ 働く姿と闘う姿” と車両を活写した貴重な写真集。激動期の1965 年から86 年までの国鉄の姿は、戦後昭和史の第一次資料としても貴重な記録といえる。";s:6:"author";s:24:"滝口 忠雄(著/文)";s:10:"publishers";s:15:"えにし書房";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:15:"えにし書房";s:12:"release_date";i:1412607600;}

国鉄「東京機関区」に生きた 1965~1986

滝口 忠雄(写真・文)
発行:えにし書房

B5変型判   168頁  並製
定価 2,700円+税

ISBN 978-4-908073-04-5   C0065
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年10月
書店発売日 2014年10月7日
登録日 2014年8月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

重版情報

2刷 出来予定日:2014-12-10
コメント:国鉄職員だからこそ撮れた、国鉄職員の“ 働く姿と闘う姿” と車両を活写。した異色の写真集。貴重な昭和史の第一次資料として長く読み継がれる鉄道本。

紹介

いまはなき、国鉄「東京機関区」に生きた著者が、国鉄職員の“ 働く姿と闘う姿” と車両を活写した貴重な写真集。1964 年に高校を卒業し、国鉄に就職した著者は「ベンセン」係(客車の便所、洗面所の清掃)から、1965 年、東京機関区の機関助士となり、1974 年、電気機関士となる。国鉄が「JR」になり、2008 年に退職するまでの42 年間のうち、激動期といわれる1965 年から86 年までの国鉄の姿は、戦後昭和史の第一次資料として後の世代にも伝えたい貴重な記録といえる。戦後を支えた労働者たちの息遣いが伝わる一冊。

目次

第1章 わが東京機関区
第2章 闘いがあった
第3章 「つるそう」解体
第4章 「定年」退職

前書きなど

若い頃、ある日ある所で一人の中学教師から
「お仕事は?」と問われた。
「国鉄の機関士です」
「うわーっ、ほんとに労働者って仕事ですね」

その一言が、今でも忘れられません。

版元から一言

車両だけではない“働くひと”に焦点を当てた国鉄写真集

著者プロフィール

滝口 忠雄(タキグチ タダオ)

1946 年 東京生まれ
1964 年 国鉄就職
1965 年 国鉄東京機関区電気機関助士
1969 年 東京電機大学2 部機械工学科卒業
1974 年 国鉄東京機関区電気機関士
1986 年 国鉄大井機関区電気機関士
1987 年 日本貨物鉄道株式会社大井機関区運転士
2006 年 日本貨物鉄道株式会社大井機関区定年退職
2006 年 日本貨物鉄道株式会社新鶴見機関区嘱託
2008 年 日本貨物鉄道株式会社新鶴見機関区退職
1991 年 写真集『遥かな汽笛』自費出版
2003 年 写真展「遥かな汽笛」富士フォトサロン 
相鉄ギャラリー
日本写真協会会員、国鉄写真連盟会員、国鉄詩人連盟元
会員、「国労文化」元編集委員

上記内容は本書刊行時のものです。