版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:40:"タブッキをめぐる九つの断章 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-907986-22-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:288:"現代イタリア文学に圧倒的な足跡を刻んだ作家、アントニオ・タブッキ。その友であり訳者でもある著者が描く、タブッキその人と作品への最良のガイドブック。出色の短篇「元気で」およびふたりの対談を付す。";s:6:"author";s:21:"和田忠彦(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"共和国";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"共和国";s:12:"release_date";i:1482418800;}

境界の文学

タブッキをめぐる九つの断章

文芸 ラノベ

和田忠彦(著)
発行:共和国

四六変型判   216頁  上製
価格 2,400円+税

ISBN 978-4-907986-22-3   C0098
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2016年12月
書店発売日 2016年12月23日
登録日 2016年12月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-02-19 毎日新聞  朝刊
評者:堀江敏幸(作家)

紹介

『インド夜想曲』『レクイエム』などで現代イタリア文学に圧倒的な足跡を刻んだアントニオ・タブッキ。かれの最良の理解者のひとりにして友、そして翻訳者でもある著者が描き出す、タブッキに寄り添って歩んだ《旅》のメモランダム。夢や虚構と現実のあわいを生きたタブッキの風景と記憶が、かずかずの断片のなかに浮かびあがる。
タブッキの短篇「元気で」、そして1997年に収録されたふたりの対談を付す。

目次

出遭いと記憶から旅の書物へ

1、タブッキの風景を旅して
2、夢の痕跡、夢のほんとう──『夢のなかの夢』
3、ペソアからの航海
4、ピム港の女をめぐって

物語の水平線──インタビュー一九九七

5、時の認識と虚構をめぐって──『他人まかせの自伝』
6、時の感情を書くことをめぐって──『時は老いをいそぐ』

追憶の軌跡

7、 墓碑銘としての手紙──『いつも手遅れ』

元気で──『絵のある物語』より(アントニオ・タブッキ)

8、 夢うつつのはざまで──『レクイエム』から『イザベルに』へ
9、 眼のひと──タブッキ展によせて

旅のゆくえ──あとがきにかえて
タブッキ著作リスト

前書きなど

「ひとりの作家と過ごした時間が、時を経るごとに濃密に感じられるようになるのはなぜなのだろう。たまたま出遭って、まずは書物で、ついで本人と、ゆっくりとことばを受けとめ、やがてこちらからも手渡すようになって、ひとりっ子として生まれ育った自分には判らないのだけれど、なにやら年の離れた兄弟のような、歳の近い叔父のような、そんな身近な存在が、きっとアントニオなのだろうと思うようになっていった。」——本文より。

版元から一言

シリーズ《境界の文学》第3弾。

著者プロフィール

和田忠彦(ワダ タダヒコ)

1952年、長野市に生まれる。東京外国語大学教授。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。専攻は、イタリア文学。
著書に、『ファシズム、そして』(水声社、2008)、『声、意味ではなく』(平凡社、2004)、『ヴェネツィア 水の夢』(筑摩書房、2000)がある。訳書に、アントニオ・タブッキ『イザベルに ある曼荼羅』(2015)、『いつも手遅れ』(2013)、『時は老いをいそぐ』(2012、以上河出書房新社)、『ウンベルト・エーコ 小説の森散策』(2013)、『カルヴィーノ アメリカ講義』(共訳、以上岩波文庫、2011)など多数がある。

関連リンク

くぼたのぞみ『鏡のなかのボードレール』
イルマ・ラクーザ『ラングザマー』

上記内容は本書刊行時のものです。