版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
鏡のなかのボードレール くぼた のぞみ(著) - 共和国
.
境界の文学

鏡のなかのボードレール

発行:共和国
四六変型判
縦188mm 横125mm
212ページ
上製
価格 2,000円+税
ISBN
978-4-907986-20-9
Cコード
C0098
一般 単行本 外国文学、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年6月
書店発売日
登録日
2016年5月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-12-11 毎日新聞  朝刊
評者: 池澤夏樹(作家)
2016-08-27 図書新聞  9月3日号
評者: 田中庸介(詩人)
2016-08-12 週刊読書人
評者: 芳川泰久=文芸評論家、早稲田大学教授・フランス文学専攻
2016-08-06 日本経済新聞    夕刊
評者: 陣野俊史
2016-07-24 東京新聞/中日新聞  朝刊
2016-07-24 毎日新聞  朝刊
評者: 池澤夏樹(作家)
2016-07-17 北海道新聞    朝刊
評者: 野村喜和夫

紹介

現代詩の始祖にして19世紀最大の詩人、シャルル・ボードレール。その恋人ジャンヌは、カリブ海出身で白人と黒人の混血女性でした。著者のくぼたのぞみさんは、詩人がかの女に捧げた「ジャンヌ・デュヴァル詩篇」を中心に語り、それらを訳し直しながら、さらにノーベル賞作家クッツェー『恥辱』へと、その思索を開いてゆきます――まるで割れた鏡の断片に、ふたりの姿が映し出されるように。それらの詩篇は、本邦初の女性訳『悪の華』ともなっています。
また、かの女を主人公にしたアンジェラ・カーター(Angela Carter)の傑作短篇「ブラック・ヴィーナス」(Black Venus)も新訳で収録。ボードレールを《世界文学》として読みかえるための、とても贅沢な1冊になりました。 
新シリーズ[境界の文学]第1弾。

目次

01、コンスタンシアの葡萄酒より
02、エキゾチックな香り
03、髪と猫
04、日本語とジャンヌへの眼差し
05、鏡、あるいはジャンヌの瞳
06、鏡のなかのボードレール
07、ボードレールと日本
08、『悪の華』と翻訳──詩と抒情詩の違い
09、J・M・クッツェーのたくらみ、他者という眼差し
10、ボードレールになってみる

附録、ブラック・ヴィーナス by アンジェラ・カーター

あとがき

著者プロフィール

くぼた のぞみ  (クボタ ノゾミ)  (

1950年、北海道新十津川生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学フランス語科卒。
おもな著書に、詩集『記憶のゆきを踏んで』(水牛/インスクリプト、2014)、『愛のスクラップブック』(ミッドナイト・プレス、1992)、『山羊にひかれて』(書肆山田、1984)、『風のなかの記憶』(自家版、1981)など。
おもな訳書に、J・M・クッツェー『マイケル・K』(岩波文庫、2015)、同『サマータイム、青年時代、少年時代──辺境からの三つの〈自伝〉』(インスクリプト、2014)、ポール・オースター& J・M・クッツェー『ヒア・アンド・ナウ 往復書簡集2008-2011』(共訳、岩波書店、2014)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。