版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
塹壕の戦争 タルディ(著) - 共和国
.

塹壕の戦争 1914-1918
C’ÉTAIT LA GUERRE DES TRANCHÉES

発行:共和国
A4変型判
縦280mm 横210mm
188ページ
上製
価格 3,300円+税
ISBN
978-4-907986-12-4
Cコード
C0022
一般 単行本 外国歴史

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2016年10月
書店発売日
登録日
2016年10月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-11-13 朝日新聞  朝刊
評者: ササキバラ・ゴウ(まんが編集者)

紹介

第一次世界大戦の《リアル》を徹底的に描き出して、「コミックのアカデミー賞」と呼ばれるアイズナー賞を受賞したフランスの巨匠タルディの代表作、ついに日本初上陸。この戦場の《リアル》を直視するところから、いま、私たちの現代史は幕を開ける。



作中の兵士のひとりはこう自問自答する。「なぜこんな酷いことになったのか?……惨憺たる結果にして恥辱、文明の退行ではないか」。
「平和」を目的として勃発したこの戦争は世界中に破壊と殺戮を蔓延させ、 1000万人もの戦死者を出した。「なぜ」このような戦争が足かけ 5年も続いたのか──フランスを代表する漫画家タルディは、本作をもってこの「なぜ」に挑む。前線に掘られた暗く泥まみれの塹壕でたたかう兵士のひとりひとりを主人公に据えたタルディの視線は、きわめて低い。その低さゆえに、この漫画に描かれるのが、まさに自分自身であり、身近な誰かであることを予感させるのである。

目次

まえがき

ジャン=ピエール・ヴェルネへの謝辞

塹壕の戦争

エッセイ

イラスト・コレクション

2014年版あとがき

訳者あとがき

前書きなど

タルディは線描の快楽のほか一切を捨てて、無名兵士が無駄死にするパターンをひたすらに描く。そこに生温かい恐怖と怒りの手触りが生まれるのだ。
――上田岳弘(小説家/第28 回三島由紀夫賞)

著者プロフィール

タルディ  (タルディ)  (

1946年、フランス・リヨン生まれ。フランスを代表するバンド・デシネ作家のひとり。リヨン美術学校、パリ装飾美術学校に学ぶ。
1969年、『パイロット Pilote』誌で漫画家としてデビュー。以後、50点以上の単行本、6点のイラスト集のほか、イラストレーターとしても活躍している。1985年にアングレーム・コミックフェスティヴァルでグランプリ受賞、2011年には本作でアイズナー漫画賞(最優秀実話作品賞)を受賞するなど、国際的な名声を博している。
代表作『アデル・ブラン=セックの奇妙な冒険』は2007年までに全9巻を刊行し、2010年にはリュック・ベッソン監督により映画化。
2013年にはレジオン・ドヌール勲章の受勲を拒否して話題になった。

藤原貞朗  (フジハラ サダオ)  (

1967年、大阪府生まれ。茨城大学人文学部教授。大阪大学大学院後期課程退学。専門は、美学・美術史。
おもな著書に、『オリエンタリストの憂鬱──植民地主義時代のアンコール遺跡の考古学とフランスの東洋学者』(めこん、2008年。第26回渋沢・クローデル賞本賞、第31回サントリー学芸賞)、『山下清と昭和の美術──「裸の大将」の神話を超えて』(服部正との共著、名古屋大学出版会、2014年)など。
おもな訳書に、ダリオ・ガンボーニ『潜在的イメージ──モダン・アートの曖昧性と不確定性』(三元社、2007年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。