版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:31:"食べること考えること ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-907986-01-8";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:285:"「食べものって、単なる死骸のかたまりなんですか?」。歴史の細部から新しい物語をつむぎだし、食生活やエネルギー、生命倫理をめぐって、わたしたちに共考をうながす多彩なテクストの集成。";s:6:"author";s:24:"藤原 辰史(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"共和国";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"共和国";s:12:"release_date";i:1403449200;}

散文の時間

食べること考えること

歴史・地理 ラノベ

藤原 辰史(著)
発行:共和国

四六変型判   288頁 
定価 2,400円+税

ISBN 978-4-907986-01-8   C0022
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年6月
書店発売日 2014年6月23日
登録日 2014年6月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2014-12-28 朝日新聞  
2014-10-12 読売新聞  
評者:平野紗季子(フード・ライター)

重版情報

4刷 出来予定日:2017-08-01
3刷 出来予定日:2015-08-30

紹介

「食べものって、単なる死骸のかたまりなんですか?」——コピペ時代の「食」の歴史/物語。
ナチス時代の人びと、あるいは明治時代の貧民窟で暮らした人びとは、何を食べていたんだろう? 原発やTPPで揺れるわたしたちの食生活は、これからどうなっていくのだろう? ホコテンと公衆食堂が必要なわけは......? 歴史の細部から新しい物語をつむぎだし、エネルギーや生命倫理、生活文化 をめぐって、わたしたちに共考をうながす多彩なテクストを集めました。『ナチスのキッチン』で一躍脚光を浴びた著者と一緒に、これからの「食」や「農」のあり方について考えてみませんか?

著者プロフィール

藤原 辰史(フジハラ タツシ)

京都大学人文科学研究所准教授。専攻は農業思想史、農業技術史。1976年、北海道に生まれ、島根県に育つ。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程中途退学。博士(人間・環境学)。
おもな著書に『稲の大東亜共栄圏』(吉川弘文館、2012)、『ナチスのキッチン』(水声社、2012、第一回河合隼雄賞学芸賞)、『カブラの冬』(人文書院、2011)、『ナチス・ドイツの有機農業』(柏書房、新装版2012、第一回日本ドイツ学会奨励賞)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。