版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
無冠、されど至強 木村 元彦(著) - ころから
.

無冠、されど至強 東京朝鮮高校サッカー部と金明植の時代

発行:ころから
四六判
256ページ
上製
価格 2,300円+税
ISBN
978-4-907239-25-1
Cコード
C0036
一般 単行本 社会

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年8月
書店発売日
登録日
2017年7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-11-05 毎日新聞  朝刊

紹介

1970年代から80年代にかけて、あらゆるサッカー強豪校が東京朝高との対戦を望んだ。
日本の高校が東京・十条に足繁く通う姿は、いつしか「朝高詣で」と呼ばれるまでになった。
では、カナリア軍団=帝京を率いたのが古沼貞雄ならば、高校年代の「影のナンバーワン」と呼ばれた東京朝高サッカー部を育て上げたのは誰なのかーー

公式戦に出られず、長年不可視におかれてきた東京朝高サッカー部を、ジャーナリストの木村元彦が、いま可視化する。

著者プロフィール

木村 元彦  (キムラ ユキヒコ)  (

1962年愛知県生まれ。中央大学卒。ノンフィクションライター。東欧やアジアの民族問題を中心に取材、執筆活動を続ける。おもな著書に『オシムの言葉』(集英社文庫)、『蹴る群れ』(集英社文庫)、『徳は孤ならず』(集英社)、共著に『さらば、ヘイト本!』(ころから)など。

上記内容は本書刊行時のものです。