版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
はたらく動物と 金井 真紀(文と絵) - ころから
.

はたらく動物と

発行:ころから
144ページ
上製
価格 1,380円+税
ISBN
978-4-907239-24-4
Cコード
C0095
一般 単行本 日本文学、評論、随筆、その他
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年2月
書店発売日
登録日
2017年1月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-07-13 西日本新聞  
2017-03-03 週刊金曜日  3月3日号
評者: 倉本さおり
2017-02-26 日本経済新聞  朝刊

紹介

『世界はフムフムで満ちている』で鮮烈なデビューを飾った金井真紀が、長良川の鵜飼からパリの「エコ鶏」まで、はたらく動物と、ともに生きる人間を描き出す。

目次

はじめに

モンキードッグ 「犬猿の仲」はほんとうか
鵜飼の鵜 鳥が教えてくれた最高の死に方
耕す馬 野原のたんぽぽサラダ
盲導犬 自由とはビールを飲みにいく夜道
パリのニワトリ 世界との向き合い方を考える場所

あとがき

前書きなど

おもしろうて やがてかなしき 鵜舟かな

 松尾芭蕉先生もそうおっしゃっている。
 鵜ががんばってとった鮎を人間サマがかすめとる。それを、やんややんやとはやしたてる鵜舟のお客。愉快な夏の風物詩だ。でも、なぜだろう。はじめはおもしろいんだけど、だんだんかなしくなってくるのである。
 芭蕉の時代から三百うん十年を経て、わたしも同じことを考えていた。
 いや、鵜舟を見て、そう思ったのではない。見る前のことだ。
 はたらく動物を取材しようと思い立ち、出版社の人とどこでなにを取材するか相談するときは楽しく盛り上がるのだが、打ち合わせの帰り道、とぼとぼと歩きながら、はたらく動物自身はどう思ってるのだろうか。おもしろいのか、かなしいのか――答えの出ない問いを繰り返した。

 長良川だけでなく、大阪、長野、はてはパリまで旅をした。そして、一冊の本ができあがった。
 どんな人もその人にしかできない経験をしていて、その経験ゆえの物の見方や物語をもっている。わたしは、その断片を集めるのが好きだ。それも教訓めいた立派なものじゃなく、すこし間が抜けているもの、にんまりできるもの、癖のあるものにひかれる。
 今回、拾い集めたのは、犬、ニワトリ、馬そして鵜といったはたらく動物とその周辺に生きる人たちの物語。
 はたして、鵜はかなしかったのかーー

著者プロフィール

金井 真紀  (カナイ マキ)  (文と絵

1974年千葉県生まれ。うずまき堂代表(部下は猫2匹)。ライター、イラストレーター、放送作家、書籍編集などを稼業とする。著書に『世界はフムフムで満ちている』『酒場學校の日々』(いずれも皓星社)など。
うずまき堂マガジン http://uzumakido.com/

上記内容は本書刊行時のものです。