版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
煉獄と地獄 松田隆美(著) - ぷねうま舎
.

煉獄と地獄 ヨーロッパ中世文学と一般信徒の死生観

発行:ぷねうま舎
四六判
296ページ
価格 3,200円+税
ISBN
978-4-906791-74-3
Cコード
C0014
一般 単行本 宗教
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2017年10月
書店発売日
登録日
2017年10月3日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-01-14 朝日新聞  朝刊
評者: 横尾忠則(美術家)

紹介

 煉獄と地獄の図絵、99点収録。聖職者・知識階級ではなく、中世ヨーロッパの一般大衆は死と死後の世界をどのようにイメージしていたのだろうか。
 13~16世紀、黒死病(ペスト)の惨劇をくぐった中世は、死後世界をめぐってさまざまな表象と物語を生み、やがては煉獄の誕生をみる。往生術、死後世界探訪譚、死の舞踏という死の文学のモチーフにおいて煉獄が果たした役割とは何だったのか。
 説教、教化文学、壁画、ステンドグラス、時禱書、装飾写本などを図像とともに広く渉猟し、人々の心性に浸透してその死生観の根となった要素を掘り起こす。

目次

 目 次
 序章 ヨーロッパ中世の死生観を考えるためのいくつかの前提
第1章 死とむきあう──現世蔑視と現世無常
第2章 死を飼いならす──煉獄の役割と死後の保険
第3章 死と対面する──いまわの際のドラマ
第4章 死後を生きる──死後世界の探訪と表象
 終章 死の変容──薄く引き延ばされた死

著者プロフィール

松田隆美  (マツダタカミ)  (

1958年生まれ。専攻、ヨーロッパ中世文学。中世写本のテクストと挿絵との関係を中心に、一般大衆の心性に浸透した世界観・死生観を探求。慶應義塾大学文学研究科博士課程修了、ヨーク大学大学院博士課程修了。現在、慶應義塾大学文学部教授。著書:『ヴィジュアル・リーディング──西洋中世におけるテクストとパラテクスト』(2010)、編著:『貴重書の挿絵とパラテクスト』(2012)、『書物の来歴、読者の役割』(2013)、『世界を読み解く一冊の本』(2014)ほかがある。

上記内容は本書刊行時のものです。