版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヒマラヤ巡礼 大矢 統士 - 花乱社
.

ヒマラヤ巡礼 神々の座と秘境に生きる民

発行:花乱社
A4変型判
208ページ
上製
価格 6,000円+税
ISBN
978-4-905327-85-1
Cコード
C0072
一般 単行本 写真・工芸
出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2018年1月
書店発売日
登録日
2018年1月6日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2018-01-28 東京新聞/中日新聞  朝刊

紹介

世界最高峰の山々の荘厳さと,秘境に生きる人々を生き生きと捉えた写真集。
61歳にて,長年夢見たチベット・ヒマラヤへ。以降,エベレスト,カンチェンジュンガ,マナスル,ドルポなどネパールを中心とするヒマラヤ山脈のほぼ全域を踏破。現地の自然と生活に密着した延べ450日・2700キロに及ぶ山旅の記録。

目次

温かい心の結晶 刊行に寄せて[大矢高暉]
スークーニャン山地
シッキムヒマラヤ
カンチェンジュンガ山群
旧エベレスト街道の村々からピケピークへ
エベレスト街道
メラピーク登山
ランタン山城
マナスルへの道
アンナプルナ周遊&内院
ダウラギリ周遊
ジョムソン街道(旧塩の道)
ムスタン
最奥の秘境DOLPO(ドルポ)
カイラス巡礼
チョモランマへの道
桃源郷フンザのカラコルム
  *
メラピーク登頂記[2001.4.29-5.18]
ヒマラヤ最奥の秘境・DOLPO踏破400km[2008.9.18-10.21]
中央ヒマラヤの北部辺境を行く(ムスタン~マナン~ナル~プー・ガオン)[2010.7.7-8.9]
 PART-1 ムスタンの旅
 PART-2 テリ・ラへの挑戦と転進
 PART-3 北の辺境プー・ガオンへ
あとがき

前書きなど

 ヒマラヤと聞けば,一般的には高峰群連なる雪の世界しかイメージされないかも知れない。しかしその山麓は,東方の亜熱帯の森から,西方・北方の乾燥地帯まで自然の変化も大きく,その地域に応じた多数の民族が生活している。
 当初は神々の座を眺めて感動する旅だったが,だんだんと秘境の民族と生活に惹かれるようになった。厳しい自然の中で生活している人々の強さ,優しさ,それの支えとなっている信仰心(チベット仏教),家族や近隣の人々との絆など人間の幸せの原点を見る思いだった。またそれは,自分の子供時代の農村風景,生活への郷愁を誘い,生活は厳しいながらもそれを感じさせぬ幸せな時代だったことを思い起こさせてくれた。
 そういう感慨や充実感が,次々と厳しい修行のような旅を乗り越えさせた。──「あとがき」より

著者プロフィール

大矢 統士  (オオヤ ツグヒト

1939年,延岡市生まれ,福岡育ち。現在,長崎市在住。
福岡県立糸島高等学校,九州大学工学部造船学科を卒業。
三菱重工業長崎造船所に入社。造船建造現場の担当,建造合理化設備機器の開発・導入・設置を主業務に実績を残す。
50歳過ぎより休日の山歩きを復活,55歳より社内の写真クラブに入り本格的に表現方法を学ぶ。この頃より,ヒマラヤを念頭に第二の人生を思い描き始める。
61歳から12年間,ヒマラヤへ向かう。自分のオリジナルな計画を立て,季節に応じ年間2カ月~3カ月間歩いた。範囲はネパールが主体であるが,チベット他周辺の興味のある地域にも及んだ。
[写歴]
全日本写連西部写真コンクール:金賞1回,銀賞2回
長崎県展,勤美展,他公募展入賞・入選多数
個展開催:3回
現在,長崎県美術協会会員

上記内容は本書刊行時のものです。