版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"〈淫靡さ〉について ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-904702-67-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:313:"三島由紀夫賞受賞『伯爵夫人』の衝撃から1年。ともにフランス文学研究の第一線にあり元同僚でもある二人が、女性・フィクション・大学を軸に、近代から現代を縦横に語る対談集。工藤庸子渾身の書下ろし『伯爵夫人』論も収録。";s:6:"author";s:32:"工藤 庸子(著/文)…他1名";s:10:"publishers";s:12:"羽鳥書店";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"羽鳥書店";s:12:"release_date";i:1499698800;}

はとり文庫

〈淫靡さ〉について

文芸 ラノベ

工藤 庸子(著), 蓮實 重彦(著)
発行:羽鳥書店

文庫判   240頁  並製
定価 1,300円+税

ISBN 978-4-904702-67-3   C0095
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年7月
書店発売日 2017年7月11日
登録日 2017年6月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

三島由紀夫賞受賞『伯爵夫人』の衝撃から1年──。”作者”と、『論集 蓮實重彥』の編者が織りなす対談集。2016年7月と12月に、工藤庸子編『論集 蓮實重彥』(羽鳥書店)と工藤庸子『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ』(東京大学出版会)の刊行記念として行われた二つの対談。ともにフランス文学研究の第一線にあり元同僚でもある二人が、女性・フィクション・大学を軸に、近代から現代を縦横に語る。工藤庸子渾身の書下ろし『伯爵夫人』論も収録。

目次

Introduction にかえて──功成り名を遂げた元総長がなぜ? というごく自然な疑問をめぐるKYの独り言  工藤庸子
『論集 蓮實重彥』についてお話させていただきます  工藤庸子×蓮實重彥
女性・フィクション・大学──スタール夫人×伯爵夫人  工藤庸子×蓮實重彥
伯爵夫人のために──フィクション・映画・幽霊  工藤庸子
Conclusion にかえて──ちょうどそのときたまたまそこにいてくれたことの淫靡さを言祝ぐ  蓮實重彥

著者プロフィール

工藤 庸子(クドウ ヨウコ)

フランス文学、ヨーロッパ地域文化研究。東京大学名誉教授。1944年生まれ。著書に、『ヨーロッパ文明批判序説──植民地・共和国・オリエンタリズム』、『近代ヨーロッパ宗教文化論──姦通小説・ナポレオン法典・政教分離』、『評伝 スタール夫人と近代ヨーロッパ──フランス革命とナポレオン独裁を生きぬいた自由主義の母』(ともに東京大学出版会)など。

蓮實 重彦(ハスミ シゲヒコ)

フランス文学、文芸批評、映画批評。第26代東京大学総長、同大学名誉教授。1936年生まれ。著書に、『映画時評 2009-2011』『映画時評 2012-2014』(講談社)、『「ボヴァリー夫人」論』(筑摩書房)、『凡庸な芸術家の肖像──マクシム・デュ・カン論』(上下、講談社文芸文庫)、『「ボヴァリー夫人」拾遺』(羽鳥書店)、『伯爵夫人』(新潮社)など。

関連リンク

http://www.hatorishoten.co.jp/items/4874233

上記内容は本書刊行時のものです。