版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:19:"満洲文化物語 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-904213-48-3";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:285:"満洲は、近代国家の道を歩み始めた日本にとって、フロンティアであり、ショーウインドーであり、実験場であった。満洲に築かれた独自の文化と生活、ユートピア(王道楽土)に夢を描いた日本人の姿を描く。";s:6:"author";s:22:"喜多 由浩(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"集広舎";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"集広舎";s:12:"release_date";i:1493305200;}

満洲文化物語 ユートピアを目指した日本人

歴史・地理 ラノベ

喜多 由浩(著)
発行:集広舎

四六判   272頁  並製
価格 1,400円+税

ISBN 978-4-904213-48-3   C0095
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2017年4月
書店発売日 2017年4月28日
登録日 2017年4月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-05-14 産經新聞  朝刊
評者:藤原作弥(元日銀副総裁)

紹介

満洲は、近代国家の道を歩み始めた日本にとって、フロンティアであり、ショーウインドーであり、実験場であった。満洲に築かれた独自の文化と生活、ユートピア(王道楽土)に夢を描いた日本人の姿を描く。
産経新聞の連載「うたかたの宝石箱 満州文化物語」を再構成のうえ書籍化!

目次

第1章─────夢の都

1 サザンや井上ひさしが描いた「連鎖商店街」 
2 「世界のミフネ」を育てた写真館
3 横内正「格さん一家」3代の夢
4 欧亜を繫ぐ音楽の都・哈爾濱
5 世界トップの芸術家が集まった
6 3つあった満洲国国歌の謎
7 満洲ブームを呼んだ流行歌
8 ラジオから生まれた李香蘭
9 大陸へ渡った「カツドウ屋」の夢
10 森繁も糸居もアナウンサーで活躍
11 最強を誇った2つの社会人野球チーム

第2章─────あの戦争

1 終戦後も戦い続けた17歳の「少尉」
2 日本人同士で戦った国共内戦
3 運命変えた陸士からの回し合格
4 幻に終わった軍再興計画
5 最年少世代シベリア抑留者の慟哭
6 韓国軍を創った満洲人脈
7 エリートだった朝鮮出身者
8 朴正熙大統領への愛と憎
9 石原莞爾が『鐵心』に残した〝遺言〟
10 満洲育ちの漫画家は「アバウト」でいいのだ!
11 やっとできた故郷再訪
12 朝日新聞と吉本興業が主導した皇軍慰問隊
13 平頂山事件の真実
14 匪賊にメッタ刺しにされた日本人母娘
15 ジェームス三木、エリート一族の無念
16 葛根廟事件、娘に手を掛けた母の慟哭
17 生死分けた「紙一重」。助かった者の苦悩
18 下道部隊、在留邦人奇跡の脱出行
19 明暗分けた決断、引き揚げに大きな差

第3章─────曠野の巨人

1 満鉄特急「あじあ」を設計したのは
キング・オブ・ロコモと呼ばれた男
2 露人ウエートレスに冷暖房完備の
世界一の列車
3 パシナ機関車の返還を拒んだ中国
4 欧州とアジアを繫いだ国際連絡列車
5 最後の大連駅助役が見た「明暗」
6 世界一流を目指したヤマトホテル
7 首都の「迎賓館」に集ったVIP1000人
8 屋上庭園は夢のテーマパーク
9 満鉄建築を担った東大建築学科の俊英
10 漱石を驚かせた撫順の未来都市
11 杉原千畝を動かした母校の校訓
12 欧、亜、ユダヤ……7族混在のハルビン 
13 満鉄嘱託は高級揃い
14 満鉄の型破りな実験教育
15 小学校に飛び級、スーパー実験校登場
16 スポーツ王国満洲
17 東海林太郎も図書館長だった
18 3億円で買い集めた稀覯本

著者プロフィール

喜多 由浩(キタ ヨシヒロ)

産経新聞社文化部編集委員。昭和35年大阪府出身。立命館大学卒。産経新聞社会部デスク、月刊『正論』 編集次長などを経て現職。主な著書に産経新聞連載小説『アキとカズ 遙かなる祖国』(集広舎)『イムジン河物語 封印された歌の真実』(アルファベータブックス)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。