版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"霊術家の黄金時代 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-904117-97-2";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:264:"明治末から昭和初めにかけて出現した霊術家たちの破天荒な生涯と共に、その歴史的な意味を探る。病気治しや催眠術の清水英範、健康法の坂本屈伸、霊との交流などに活躍した浅野和三郎など。";s:6:"author";s:21:"井村宏次(著/文)";s:10:"publishers";s:36:"ビイング・ネット・プレス";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:36:"ビイング・ネット・プレス";s:12:"release_date";i:1398870000;}

霊術家の黄金時代

哲学・宗教 ラノベ

井村宏次(著)
発行:ビイング・ネット・プレス

四六判    上製
定価 2,250円+税

ISBN 978-4-904117-97-2   C0014
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年5月
書店発売日 2014年5月1日
登録日 2014年1月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

明治末から昭和初めにかけて出現し、病気治しや催眠術、健康法、霊との交流などに活躍した霊術家たちの破天荒な生涯と共に、その歴史的な意味を探る。催眠術で病気を治す清水英範、気合いで病気を治す浜口熊嶽、屈伸運動の健康法を開発した坂本屈伸、鎮魂帰神の浅野和三郎等々。西洋医学と科学に対する対立軸として、裏の医術として代替医療家的な役割を果たし、急激な近代化によって失われていった日本的なる者たち。彼らはどのような社会的・文化的背景の中で歴史に登場し、去って行ったのか。

目次

 序   〈 大宮司朗 〉
 第一章 呪術から霊術への道点  【藤田西湖・萩原心眼】
 第二章 幻の霊術家群像  【浜口熊嶽】
     ──大衆とともに歩んだ霊術家たちの素顔
 第三章 清水英範と霊術家の時代  【清水英範】
 第四章 新宗教と超能力の原景に迫る  【田中守平】
 第五章 古神道行法と霊術   【松原皎月・松本道別】
     ──霊術でソフト化された昭和の鎮魂帰神法
 第六章 大霊能者の黄金時代   【浅野和三郎】
     ──心霊科学の鬼才、浅野和三郎研究
 第七章 荒深道斉の有史以前研究への超心理的
     アプローチ     【荒深道斉】
 第八章 西坂祐瑞師の超常治療〝イメージ手術〟 【西坂 瑞】
 第九章 〝裏の医術〟としての霊術   【村田桑石】
 第十章 健康法の黄金時代  
     ──近代日本における健康法の成立  【坂本屈伸】

版元から一言

明治末から昭和初め活躍した2万から3万と言われている霊術家たちの破天荒な生涯と共に、その歴史的な意味を探る。
硬派な専門書ではないが、アカデミックな学問領域から取り残された、民間宗教、民間医療の研究書である。

著者プロフィール

井村宏次(イムラコウジ)

大阪・十三生まれ。立命館大学法学部、関西外国語短大英米語学科、明治東洋医学院鍼灸学科、それぞれ卒業。鍼灸・東洋医学臨床歴30余年、その間に英・米・欧人を含む精鋭の後進を育て日本式伝統鍼灸術を伝えている。「気」と「気の医学」の実際をよみうり文化センター(大阪・千里中央)などで伝えている。アート・フォトグラファー、音楽評論家(クラシック・ロック・エスニック)、アート評論家としての顔ももち、自らもアート製作を行う。著書に『新・霊術家の饗宴』(心交社)、『サイ・テクノロジー』(工作舎)、『宝石&貴石 神秘力活用マニュアル』『チベットの守護石─天珠の神秘力』『予言と超予測』(ビイング・ネット・プレス)など、訳書に『ウィーンからの魔術師 A・メスマーの生涯』(春秋社)、『聖女ヒルデガルトの生涯』(荒地出版社)、『ガーデニング風水』『聖ヒルデガルトの医学と自然学』『癒しの医療 チベット医学 考え方と治し方』『カラー・セラピー 色彩の神秘力』『スピリチュアル・レッスン』『ソースにつながる呼吸法』(以上、ビイング・ネット・プレス)など多数。

上記内容は本書刊行時のものです。