版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:19:"ライトハウス ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-902930-32-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:318:"断崖絶壁の険しい立地や、資材などによる制約をさまざまな工夫で乗り越えて建てられた灯台。歴史をたどれば、日本と世界の関係や発展を目ざす日本各地の人びとの想いが照らされる。美しく、一級の歴史的資料ともなる写真と解説。";s:6:"author";s:28:"野口 毅(写真)…他1名";s:10:"publishers";s:21:"バナナブックス";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"バナナブックス";s:12:"release_date";i:1450969200;}

World Architecture

ライトハウス すくっと明治の灯台64基 1870-1912

工業・工学 ラノベ

野口 毅(写真), 藤岡 洋保(解説)
発行:バナナブックス

A5判   160頁  並製
価格 2,300円+税

ISBN 978-4-902930-32-0   C0070
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2015年12月
書店発売日 2015年12月25日
登録日 2015年11月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2016-02-07 朝日新聞  
評者:北澤憲昭(美術評論家)

紹介

断崖絶壁の険しい立地や、資材などによる制約をさまざまな工夫で乗り越えて建てられた灯台。歴史をたどれば、日本と世界の関係や発展を目ざす日本各地の人びとの想いが照らされる。
美しく、一級の歴史的資料ともなる写真と解説で、明治期から活躍する64の灯台を紹介する。

目次

★掲載灯台一覧

石狩灯台(北海道)
金華山灯台(宮城県)
尻屋埼灯台(青森県)
横浜北水堤灯台(神奈川県)
神子元島灯台(静岡県)
伊豆岬灯台(東京都)
御前埼灯台(静岡県)
掛塚灯台(静岡県)
清水灯台(静岡県)
犬吠埼灯台(千葉県)
菅島灯台(三重県)
室戸岬灯台(高知県)
叶埼灯台(高知県)
江埼灯台(兵庫県)
平磯灯標(兵庫県)
樫野埼灯台(和歌山県)
潮岬灯台(和歌山県)
友ヶ島灯台(和歌山県)
西五番之砠灯標(広島県)
中ノ瀬灯標(広島県)
中ノ鼻灯台(広島県)
安芸白石灯標(広島県)
屋形石灯標(広島県)
鍋島灯台(香川県)
男木島灯台(香川県)
波節岩灯標(香川県)
大下島灯台(愛媛県)
中渡島潮流信号所(愛媛県)
釣島灯台(愛媛県)
クダコ島灯台(愛媛県)
根ナシ礁灯標(山口県)
百貫島灯台(愛媛県)
高根島灯台(広島県)
小佐木島灯台(広島県)
大浜埼灯台(広島県)
長太夫礁灯標(広島県)
面高白瀬灯台(長崎県)
伏瀬灯標(長崎県)
白州灯台(福岡県)
豆酘埼ミョー瀬照射灯 標柱(長崎県)
守江港灯標(大分県)
関埼灯台(大分県)
水ノ子島灯台(大分県)
姫島灯台(大分県)
口之津灯台(長崎県)
六連島灯台(山口県)
角島灯台(山口県)
大藻路岩灯標(山口県)
蓋井島灯台(山口県)
部埼灯台(福岡県)
美保関灯台(島根県)
出雲日御埼灯台(島根県)
立石岬灯台(福井県)
馬島灯台(島根県)
経ケ岬灯台(京都府)
禄剛埼灯台(石川県)
姫埼灯台(新潟県)
鞍埼灯台(宮崎県)
戸島灯台(熊本県)
上的島灯台(熊本県)
戸馳島灯台(熊本県)
寺島灯台(熊本県)
五通礁灯標(熊本県)
屋久島灯台(鹿児島県)

著者プロフィール

野口 毅(ノグチ タケシ)

写真家。1957年福岡生まれ。1985 年に野口写真事務所を設立し、建築写真を中心に活動。日本の灯台撮影の第一人者。日本写真協会・会員、日本建築写真家協会・会員、岡山理科大学非常勤講師。

藤岡 洋保(フジオカ ヒロヤス)

1949 年広島市生まれ。東京工業大学卒業、同大学院修士・博士課程修了。工学博士。明治大学助手、東京工業大学助教授・教授などを経て、東京工業大学名誉教授。近代の建築思想やデザインの歴史、技術史などを研究。著書に『表現者・堀口捨己─総合芸術の探求』や『近代建築史』など。建築学会賞(論文)、「建築と社会」賞(論考部
門)。

上記内容は本書刊行時のものです。