版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:21:"14歳からの哲学 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-901510-14-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:257:"今の学校教育に欠けている14歳からの「考える」の為の教科書。「言葉」「自分とは何か」「死」「家族」「社会」「理想と現実」「恋愛と性」「メディアと書物」「人生」等30のテーマ。";s:6:"author";s:24:"池田 晶子(著/文)";s:10:"publishers";s:21:"トランスビュー";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:21:"トランスビュー";s:12:"release_date";i:1047654000;}

14歳からの哲学 考えるための教科書

池田 晶子(著)
発行:トランスビュー

A5判   209頁  並製
定価 1,200円+税

ISBN 978-4-901510-14-1   C0010
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2003年3月
書店発売日 2003年3月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-03-26 毎日新聞  朝刊
評者:中嶋廣(編集者)
2013-12-01 東京新聞/中日新聞  
評者:横尾和博(文芸評論家)

重版情報

33刷 出来予定日:2016-05-20
31刷 出来予定日:2015-10-27
32刷 出来予定日:2015-10-20
30刷 出来予定日:2014-09-03

紹介

 人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。
 言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性、仕事と生活、本物と偽物、メディアと書物、人生、善悪、自由など、30のテーマを取り上げる。

目次

Ⅰ 14歳からの哲学[A]

1 考える[1]
2 考える[2]
3 考える[3]
4 言葉[1]
5 言葉[2]
6 自分とは誰か
7 死をどう考えるか
8 体の見方
9 心はどこにある
10 他人とは何か

Ⅱ 14歳からの哲学[B]

11 家族
12 社会
13 規則
14 理想と現実
15 友情と愛情
16 恋愛と性
17 仕事と生活
18 品格と名誉
19 本物と偽物
20 メディアと書物

Ⅲ 17歳からの哲学

21 宇宙と科学
22 歴史と人類
23 善悪[1]
24 善悪[2]
25 自由
26 宗教
27 人生の意味[1]
28 人生の意味[2]
29 存在の謎[1]
30 存在の謎[2]

版元から一言

・2003年の刊行以来、幅広い年代で読まれています。
・2006年度の中学入試の頻出作品№1。
・高校、大学入試でも多くの学校が採用。
・読書感想文にもオススメ。

著者プロフィール

池田 晶子(イケダ アキコ)

1960年生まれ。慶應大学文学部哲学科卒業。専門用語による「哲学」についての論ではなく、哲学するとはどういうことかを日常の言葉を用いて示し、多くの読者を得る。
著書に、『14歳からの哲学−考えるための教科書』『あたりまえなことばかり』『人生のほんとう』(トランスビュー)『帰ってきたソクラテス』『悪妻に訊け』『さよならソクラテス』(新潮社)『考える人—口伝西洋哲学史』(中央公論新社)『考える日々』(毎日新聞社)『考える日々Ⅱ』『考える日々Ⅲ』(毎日新聞社)『事象そのものへ!』『魂を考える』(法藏館)『睥睨するヘーゲル』『オン!—埴谷雄高との形而上対話』(講談社)『残酷人生論』(情報センター出版局)『メタフィジカル・パンチ』(文藝春秋)『REMARK』(双葉社)『ロゴスに訊け』(角川書店)共編著に『2001年哲学の旅』(編・著、新潮社)『死と生きる—獄中哲学対話』(陸田真志との共著、新潮社)

関連リンク

池田晶子記念 わたくし、つまりNobody賞

上記内容は本書刊行時のものです。