版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゼロからスタート韓単語 BASIC1400 鶴見ユミ(著) - Jリサーチ出版
.

ゼロからスタート韓単語 BASIC1400

A5変型判
268ページ
定価 1,600円+税
ISBN
978-4-901429-66-5
Cコード
C0087
一般 単行本 各国語

出版社在庫情報
在庫あり
初版年月
2008年5月
書店発売日
登録日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

 韓国語の基礎になる約1400語を生活でよく使う例文とともに覚えられるボキャブラリーブックです。(1) 超基本動詞、(2) ベーシック動詞、(3) ベーシック形容詞・副詞、(4) 生活語、の4部構成。(1)~(3)には丁寧な解説をほどこし、用法上の注意点やニュアンス、活用のポイント、類語なども併せて紹介します。(4) 生活語はジャンル別にできるかぎりたくさんの単語を掲載しました。また、「漢字語」をピックアップして紹介しています。漢字語は日本語と読みが似通っているので、覚えるのが簡単です。
 CDには「韓国語単語+日本語の意味」「韓国語の例文」を収録します。CDだけでも学習を進めることが可能です。
 ビギナーから中級下までをカバーした実用的な単語集です。

(1)1冊ですべての基本語をカバー
 基本的な動詞・形容詞・名詞をはじめ、家・旅行・ファッション・旅行などの生活語がバランスよく身につく。
(2)単語はグループで一網打尽
 類語・生活場面など、「単語グループ」でまとめて覚えられるからとても効率的。
(3) 例文は日常生活でそのまま使える
 重要語を組み込んだ例文は生活シーンでそのまま使えるものばかり。
(4) ビギナー向けの学習法を紹介
 ハングルの読み方、語順と助詞、語尾の作り方、活用法など、韓国語の基礎も紹介しているので、ビギナーも安心。
(5) CDで耳から覚えられる
 見出し語と意味、例文をすべて収録。CDを聞くだけでもマスターできる。


☆付属CDについて☆
第1章~第3章
タイトル→見出し語→日本語訳→例文(韓国語のみ)
第4章 生活語 
タイトル→例文(韓国語のみ)→ワードリスト(韓国語→日本語)

目次

●韓国語単語攻略法
●韓国語基礎講座
(1) 韓国語の発音と読み方 (2) 韓国語の語順と助詞
(3) 韓国語の語尾の作り方 (4) 韓国語の3つの活用形
(5) ハングル反切表
●第1章 超基本動詞(7語)
(1) -する (2) -なさる (3) -くれる/-あげる
(4) 行く (5) 来る (6) いる/ある (7) いない/ない
●第2章 ベーシック動詞(92語)
(1) 話す (2) 見る・聞く・感じる (3) 生活する
(4) 思う (5) 意見・意思 (6) 社交する
(7) 移動する (8) 動作と動き (9) 数字とお金
(10) 仕事と学習
●第3章 ベーシック形容詞・副詞(70語)
(1) 感覚と感情 (2) 人を形容する (3) モノを形容する
(4) 概念を表す (5) 程度を表す (6) 空間を表す
(7) 時間を表す副詞 (8) さまざまな頻出副詞
●第4章 生活語(1246語)
(1) 家とインテリア (2) 日常生活 (3) ファッション
(4) 社交・コミュニケーション (5) 料理と食材 (6) 外食
(7) 交通 (8) パソコン・ネットライフ (9) マネー・ショッピング
(10) 街・風景・道案内 (11) 旅行・ホテル (12) ビジネスライフ
(13) 健康 (14) 文化・スポーツ (15) ニュース
(16) 天気・気候 (17) かたち・数字 (18) 環境
●巻末付録
(1) 特殊語幹と変格活用用言 (2) 連体形について
(3) その他の必須単語 (4) 活用形別よく使われる表現
●索引(日本語→ハングル)

著者プロフィール

鶴見ユミ  (ツルミユミ)  (

神奈川県出身。延世大学大学院・国文科にて近代文学を専攻。韓国語講師、翻訳、通訳に従事。有限会社アイワード取締役。韓国語をゼロから始めて1週間に一度の受講で1年以内にマスターさせるという文法に重点を置いた講義に定評がある。著書:『ゼロからスタート 韓国語 文法編』、『ゼロからスタート 韓国語 会話編』(以上、Jリサーチ出版)。韓国語教室ホームページ:http://www.aiword.net

上記内容は本書刊行時のものです。