版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:78:"被災地福島の今を訪れて 見て、聞いて、考えて、伝える";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-88900-950-7";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:404:"2013年から毎年、福島の原発被災地を訪れている神戸女学院大学石川康宏ゼミ。この本は被災5年目の9月、緊張しながら現地に足を踏み入れ、たくさんの被災者たちに出会った3泊4日の訪問記。見て、聞いて、考えて、質問し、女子大生たちは何をどう感じたのか。読めばきっと福島の今が身近になる。";s:6:"author";s:56:"神戸女学院大学石川康宏ゼミナール(編集)";s:10:"publishers";s:33:"日本機関紙出版センター";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:33:"日本機関紙出版センター";s:12:"release_date";i:1505142000;}

被災地福島の今を訪れて 見て、聞いて、考えて、伝える

社会科学 ラノベ

神戸女学院大学石川康宏ゼミナール(編)
発行:日本機関紙出版センター

A5判   208頁 
定価 1,600円+税

ISBN 978-4-88900-950-7   C0030

奥付の初版発行年月 2017年9月
書店発売日 2017年9月12日
登録日 2017年9月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

2013年から毎年、福島の原発被災地を訪れている神戸女学院大学石川康宏ゼミ。この本は被災5年目の9月、緊張しながら現地に足を踏み入れ、たくさんの被災者たちに出会った3泊4日の訪問記。見て、聞いて、考えて、質問し、女子大生たちは何をどう感じたのか。読めばきっと福島の今が身近になる。

著者プロフィール

神戸女学院大学石川康宏ゼミナール(コウベジヨガクインダイガクイシカワヤスヒロゼミナール)

文学部総合文化学科に所属。東日本大震災と原発事故をきっかけに、2012年より原発・エネルギー問題をゼミのテーマとする。2013年より毎年福島の被災地を訪れており、関係の書物として、これまでに『女子大生のゲンパツ勉強会』(2014年、新日本出版社)、『女子大生 原発被災地ふくしまを行く』(2014年、かもがわ出版)、『21才が見たフクシマとヒロシマ』(2015年、新日本出版社)を出版。3・4年生の2年間のゼミだが、福島訪問は3年生の「夏休み」に行っている。

上記内容は本書刊行時のものです。