版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:25:"最新地震津波総覧 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-88664-239-4";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:180:"地震大国日本には歴史的にみて、地震津波の多くの教訓が残されている。これらを詳細に明らかにした日本人必携の防災の書である。";s:6:"author";s:21:"加藤美勝(著/文)";s:10:"publishers";s:12:"知道出版";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:12:"知道出版";s:12:"release_date";i:1337007600;}

最新地震津波総覧

社会一般 ラノベ

加藤美勝(著/文)
発行:知道出版

四六判   248頁  並製
定価 1,500円+税

ISBN 978-4-88664-239-4   C0036
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2012年5月
書店発売日 2012年5月15日
登録日 2012年4月9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

地震大国日本には歴史的にみて、地震津波の多くの教訓が残されている。これらを詳細に明らかにした日本人必携の防災の書である。

目次

第Ⅰ部 東日本大震災の総括と詳報
序 章 花綵列島の三陸海岸
第一章 主な三陸地震津波災害
第二章 東日本大震災
第Ⅱ部 発生源と今後の想定
第一章 発生源による津波災害
第二章 津波の教訓・今後の想定
第Ⅲ部 地震津波の日本史
序 章 歴史に学ぶ巨大地震津波
第一章 古墳時代から安土桃山時代(戦国後期)
第二章 江戸時代から現代
【主な参考資料・文献】(順不同・敬称略)
付録―東日本大震災、「浸水範囲概況図」21点

前書きなど

日本の地震津波の教訓を1千年後まで伝えたい!
現在・未来・過去をテーマとして、歴史的な背景を含む三部構成とした。

著者プロフィール

加藤美勝(カトウヨシカツ)

1935年宮城県生まれ。山形大学卒業後、東北大学工学研究科聴講研究生。三菱地所株式会社本社勤務、建築設計監理。‘95年阪神淡路大震災で「建築物・地盤など地震被害現地調査」をする。同社退社後著述研究者となる。主な著書に、設計専門書『現代建築設備設計法の潮流』(創栄出版)など建築関連書籍多数。地震津波工学研究家。また、一般書『団塊力で本を出そう』(知道出版)(〈社〉日本図書館協会選定図書)。歴史長編『〈小説〉戦国北条記』-伊豆箱根天嶮・関八州の王者-(知道出版)。行政機関市民教養セミナー「関東の戦国時代」講師。作家。

上記内容は本書刊行時のものです。