版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ヒューマンインタフェース論 蒲田 拓也(著/文) - エスシーシー
..

ヒューマンインタフェース論

A5判
168ページ
定価 1,800円+税
ISBN
9784886476432
Cコード
C3004
専門 単行本 情報科学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年1月17日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

人に優しいシステムをかたちにする

ヒューマンインタフェース論とは、人間と機器、人間とシステムの間で行う情報の入力や、やり取りを
人間の行動、感覚、知覚などを考慮した上で工夫し、更なる使いやすさの向上を目指すものです。

近年、システム開発の現場では人の特性を踏まえた「人間中心」のより使いやすい設計が求められています。

本書は、より良いインタフェースを考えるために必要不可欠となる、以下のような知識を多くの図・具体例をまじえて解説しました。
 ・人間の五感(視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚)と脳の仕組み
 ・色、文字の見た目、メッセージなどの視覚的な要素を、脳がどのようにとらえているか
 ・脳のとらえ方が見た目や使いやすさにどのような影響を与えているか

また、使いやすいインタフェース設計の手順と具体的な設計方法(ペーパープロトタイピング)も解説しており、
すぐに設計にチャレンジすることも可能です。

システム開発に携わる方、ヒューマンインタフェースに興味のある方や学んでいる方に特におすすめです。

目次

はじめに

第1章 インタフェース
 1.1 視覚
 1.2 なぜ、インタフェースが大切なのか
 1.3 インタフェースの歴史
 1.4 良いインタフェース・デザイン

第2章 感覚器官と脳
 2.1 視覚
 2.2 聴覚
 2.3 触覚
 2.4 嗅覚
 2.5 味覚
 2.6 脳

第3章 構成要素
 3.1 色
 3.2 文字
 3.3 メッセージ
 3.4 デバイス

第4章 インタフェース設計
 4.1 インタフェース設計の手順
 4.2 プロトタイピング
 4.3 ペーパープロトタイピング

上記内容は本書刊行時のものです。