版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:37:"台湾原住民族の音楽と文化 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-88323-191-1";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:285:"台湾原住民族の研究は、台湾の民主化により原住民族 自身による報告も増え、ますます活発になっている。 本書は二回の国際シンポジウムでの発表を中心に編ま れた新進気鋭の研究者たちによる論文集である。";s:6:"author";s:36:"下村 作次郎(編集)…他3名";s:10:"publishers";s:9:"草風館";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"草風館";s:12:"release_date";i:1390143600;}

台湾原住民族の音楽と文化

社会一般 ラノベ

下村 作次郎(編), 孫 大川(編), 林 清財(編), 笠原 正治(編)
発行:草風館

A5判   428頁  上製
定価 4,800円+税

ISBN 978-4-88323-191-1   C0098
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2014年1月
書店発売日 2014年1月20日
登録日 2014年1月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

「歌で書き」、「ペンで歌う」台湾原住民族の深淵なる音楽世界の扉を開く。台湾原住民族の研究は、台湾の民主化により原住民族 自身による報告も増え、ますます活発になっている。 本書は二回の国際シンポジウムでの発表を中心に編ま れた論文集である。特に、原住民族自身による論考や、 多くの愛唱歌を残しながら悲劇の最期を遂げたツォウ 族出身の音楽家・高一生に関する各論考は貴重である。

目次

第一章台湾原住民族の音楽と文化─ペンで歌う\歌で書く─
台湾原住民族の楽舞(歌と踊り)と文化―個人的経験から政策まで―/歌で書く―台湾
原住民の歌謡伝統―
第二章伝承・楽器・楽舞・創作歌舞・創作音楽
台湾原住民族の伝承と歌謡/原住民器楽と楽器―パイワン族楽器を例として―/「原舞者」と台湾原住民族楽舞の復興と発展/台湾原住民族の創作歌舞―台中市青年高級中学のバレエを中心に―/台湾原住民族舞劇「風の中の緋桜」の音楽創作について
第三章文学・歴史小説・花文化・相撲・平埔族
「原」から歌があった―台湾原住民文学\歌謡の対話と文化想像―/「稗官」パタイの歴史小説―書かれた「正史」と語られる「野史」の間に拡がる「無限の想像空間」―/原住民文化の奥深さ―花文化研究からのアプローチ―/台湾原住民族の「土俵」をもつ相撲―伝統文化における本質主義と異種混交性―/パゼッヘ族の移動と現況―天理参考館収蔵台湾古地図調査をもとに―
第四章ウォグ・ヤタウユガナ(高一生)とバリワクス(陸森宝)の音楽と生涯
一枚の写真/白色テロルと高一生/高一生と父、そしてあの沈黙させられた時代─追想のうちに、わたしたちの歴史の命題を考える─/高一生の歌と手紙―土地、民族、愛情―/高一生(矢多一生)の音楽からよみとれるもの/ウオグ・ヤタウユガナ(高一生)の作品のルーツを探って―植民地台湾の音楽教育と先住民音楽の観点を通して―/身教大師バリワクス─その人格、教養と時代─

上記内容は本書刊行時のものです。