版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
a:9:{s:12:"shoshi_title";s:28:"アジア共通通貨戦略 ";s:11:"shoshi_isbn";s:17:"978-4-88202-842-0";s:16:"shoshi_publisher";N;s:11:"description";s:238:"日本の未来にとって、「アメリカ追従」ではなく、「反米」でもない“道”はあるのか? 「ユーロ」の経験に学びながら、国際関係の中で「アジア共通通貨」の可能性を検証。";s:6:"author";s:24:"近藤 健彦(著/文)";s:10:"publishers";s:9:"彩流社";s:9:"publisher";N;s:9:"productor";s:9:"彩流社";s:12:"release_date";i:1065538800;}

アジア共通通貨戦略 日本「再生」のための国際政治経済学

近藤 健彦(著)
発行:彩流社

四六判   221頁  上製
定価 2,000円+税

ISBN 978-4-88202-842-0   C0033
在庫あり(出版社情報)

奥付の初版発行年月 2003年10月
書店発売日 2003年10月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

共通通貨は絵空事ではない。日本の未来にとって、「アメリカ追従」ではなく、「反米」でもない戦略はあるのか? 「ユーロ」の経験に学びながら、共通通貨への道を具体的に提示。複雑な国際関係のなかでの通貨、金融政策はもちろん、対米、対中国、対アジア諸国の外交政策をも展開する。

目次

★本文より→提言! 沖縄をアジア債券市場の拠点にしよう。沖縄金融特区では…、ドル建てや円建てには目もくれず、アジア共通通貨(ACU)建てで、アジア民間企業が為替リスクの少ない長期安定資金を調達する。…ACU建てアジア共通債券市場は、…ロンドンとパリがECU建て債券市場の主導権争いを演じたように、いずれ、アジアで、金融のプロたちの奪い合いになるだろう。…沖縄金融特区を「アジア共通通貨特区」に育てることは、…日本全体として二一世紀にやるべきひとつの国民的課題である。

著者プロフィール

近藤 健彦(コンドウ タケヒコ)

近藤健彦:1941年生まれ。京都大学法学部を卒業後、大蔵省入省。フランス留学後、大蔵省・国際金融局、外務省・経済局等の課長、大蔵省大臣官房審議官、在仏・日本大使館公使、ジェトロ理事を歴任。現在、立命館アジア太平洋大学の学部長・兼教授。竹下蔵相補佐としての「プラザ合意史」で中央大学法学博士号。著書に『体験的脱欧入亜の記—プラザの軌跡』(ジェトロ)、『プラザ合意の研究』(東洋経済新報社)、『アジア太平洋共通通貨論』(ジェトロ、2000年度国際公共経済学会尾上賞)など。1989年フランス国家叙勲(オルドル・ナショナル・デュ・メリット)オフィシエ賞受賞。
共訳にジャック・アタリ『反グローバリズム』(当社刊)。

上記内容は本書刊行時のものです。