版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
寛容とは何か 福島清紀(著/文) - 工作舎
..

寛容とは何か 思想史的考察

発行:工作舎
A5判
392ページ
定価 3,200円+税
ISBN
9784875024927
Cコード
C1010
教養 単行本 哲学
出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2018年3月15日
このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介

17世紀、カトリックとプロテスタントの宗教対立が続くイギリスで
「政教分離」を唱えたジョン・ロックから、ピエール・ベールの「他者」の視点、
ライプニッツの「新旧両教会合同」計画、ヴォルテールと「カラス事件」、
レッシングの『賢人ナータン』、マルクスによる「国家と宗教」、
そして日本における内村鑑三不敬事件、中野重治の「転向」まで、
著者は寛容思想の系譜を丹念に辿りながら、現代の我々に問いを投げかける。
様々な対立が生み出す不寛容が世界を引き裂こうとしている現代、
寛容(tolerance)は、果たして共存の原理たりうるのだろうか。
著者がライフワークとして取り組んだ、寛容思想研究の集大成の書。

目次

第一部 近代西欧における寛容思想の展開
第一章 政教分離の思想的基礎づけ
   ―ジョン・ロックの『寛容についての書簡』を中心に
第二章 相互的寛容への隘路 ―ピエール・ベール論覚書
第三章 17世紀西欧における教会合同の試み
   ―ライプニッツとボシュエとの往復書簡に関する一考察
第四章 《狂信》と《理性》―ヴォルテール『寛容論』再考
第五章 党派性の克服はいかにして可能か
   ―レッシング『賢人ナータン』を中心に
第二部 宗教・国家・市民社会の近代的構造連関と帝国憲法下の不寛容との闘い
第六章 国家と宗教
   ―カール・マルクス「ユダヤ人問題によせて」に関する試論
第七章 明治期の政治・宗教・教育
   ―「内村鑑三不敬事件」と「教育と宗教の衝突」論争
第八章 1930年代における「転向」の一様相
   ―文学者中野重治の軌跡
補 章 寛容は共存の原理たりうるか ―ザルカの思考に寄せて

著者プロフィール

福島清紀  (フクシマキヨノリ)  (著/文

1949年1月3日、島根県簸川郡(現在の出雲市)大社町に生まれる。1972年、東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業、1980年、法政大学大学院人文科学研究科哲学専攻博士課程、科目履修退学。その後、法政大学非常勤講師、東京外国語大学非常勤講師などを経て、1990年、富山国際大学人文学部助教授。1994年、同教授。2004年、同大学国際教養学部教授。2014年、同大学定年退職。2016年11月18日、逝去。享年67歳。
共著書:『災害に向きあう』・『正義とは』(岩波書店)、訳書:『人間知性新論』(共訳『ライプニッツ著作集』4・5巻、工作舎)、「ボシュエとの往復書簡」(『ライプニッツ著作集第II期』2巻所収、工作舎)ヴォルテール『寛容論』(解説、光文社古典新訳文庫)など。

上記内容は本書刊行時のものです。