版元ドットコム

探せる、使える、本の情報

文芸 新書 社会一般 資格・試験 ビジネス スポーツ・健康 趣味・実用 ゲーム 芸能・タレント テレビ・映画化 芸術 哲学・宗教 歴史・地理 社会科学 教育 自然科学 医学 工業・工学 コンピュータ 語学・辞事典 学参 児童図書 ヤングアダルト 全集 文庫 コミック文庫 コミックス(欠番扱) コミックス(雑誌扱) コミックス(書籍) コミックス(廉価版) ムック 雑誌 増刊 別冊 ラノベ
ゴジラ幻論 倉谷滋(著/文) - 工作舎
..

ゴジラ幻論 日本産怪獣類の一般と個別の博物誌

発行:工作舎
四六判
298ページ
定価 2,000円+税
ISBN
9784875024828
Cコード
C1040
教養 単行本 自然科学総記

出版社在庫情報
不明
書店発売日
登録日
2017年1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加

書評掲載情報

2017-04-30 東京新聞/中日新聞  朝刊
評者: 切通理作(批評家)
2017-03-19 朝日新聞  朝刊
評者: 円城塔(作家)
2017-02-19 毎日新聞  朝刊
評者: 中村桂子(JT生命誌研究館館長)

紹介

2016年、東京に上陸し、丸の内で活動を停止した巨大不明生物、通称「ゴジラ」。従来の生物学の知見では単純に説明することのできない生態や機能、起源と発生プロセスの謎に、生物学の最新知見をもって挑む。「シン・ゴジラ」に登場する女性科学者のレポートや、1954年初代「ゴジラ」の山根恭平博士の孫による講演記録など、科学的知識と虚構が入り交じる一書。

目次

第1章 「ゴジラ生物学会特別紀要」より
巨大不明生物の起源

【基調講演】 山根恭太郎
「シン・ゴジラ」に確認された新事象をめぐって 
◆第一部 ゴジラの分類学的位置づけ/爬虫類とは?
補論 怪獣のリアル――現実と非現実の狭間
◆第二部 ゴジラの進化と発生/尻尾の謎
補論 リアリティのレベルに関する問題

【緊急レポート】 尾頭ヒロミ
巨大不明生物に関する形態発生学的アプローチ
◆諸言/頭頸部の解剖所見/皮膚と附属構造物についての比較形態学的考察/ゴジラの尾と背鰭に関する諸問題、ならびに気嚢の存在が疑われることについて/系統的位置についての考察と結論/分子遺伝学的背景/個体発生上の変化/人為的発生プログラムの構築に関する仮説/結語
補論 キングギドラのポジション

【ゴジラ問題調査委員会中間報告書】
牧悟郎博士の日記
◆本提出書類について/翻訳文/付記


第2章 個別の博物誌
ゴジラ生態圏をめぐる四つの報告書

◆四足歩行怪獣アンギラスの形態学的特徴とその進化的起源――山根恭平
 補論 キングギドラは何頭か
◆モスラの昆虫形態学と分類学について――杉本是也
 補論 モスラの魅力
◆怪獣バランと秘境の蝶――杉本是也
 補論 歌舞伎としての怪獣映画
◆ラドンとメガヌロン
 補論 サービス満点の怪獣映画


第3章 怪獣多様化の時代をめぐる随想
1960年代の「ワンダフル・ライフ」

◆怪獣の住む世界1964-1966
◆特撮大好きオヤジのぼやき
◆ゴジラの変貌
◆怪獣残酷物語
◆映画にみる生物学的イメージ
◆モンスターと自然観
◆昭和人間ドラマの魅力
◆SFのフィルム・ノワール
◆異界からの侵犯
◆Qの終焉

付録 私の怪獣映画ベスト30

その他情報

広いジャンルとしては【生物学】。怪獣映画を切り口に【進化論】や【形態学】に触れられる一書です。「シン・ゴジラ」を科学的に考察しているので、【映画】の棚でも、他のゴジラ本とはひとあじ違った魅力をアピールできるかもしれません。

著者プロフィール

倉谷滋  (クラタニシゲル)  (著/文

1958年、大阪府出身。京都大学大学院博士課程修了、理学博士。米国留学後、熊本大学医学助教授、岡山大学理学部教授を経て、現在、理化学研究所主任研究員。主な研究テーマは、「脊椎動物頭部の起源と進化」など。最新刊『分節幻想』(工作舎2016年11月刊)は発売後2週間で毎日新聞にて養老孟司氏が書評!

上記内容は本書刊行時のものです。